So-net無料ブログ作成

宍戸景好の諸大夫成(2) [人物]

乃美景嘉益田景祥裳懸盛聡包久内蔵助らの紹介を挟んで、宍戸掃部景好の諸大夫成にも触れつつ、小早川隆景の諸大夫と伝わる武将たちについてまとめてみたいと思います。

8名の事績のまとめ

隆景の家臣として諸大夫成したと伝わる8人[1]のうち、多少なりともその事績を示す他の史料がある程度確認できたのが、粟屋左馬を除く7名となりました。 残る、粟屋左馬については慶長年間に毛利家臣として左馬允を名乗ったことが確認できる粟屋元信については小早川氏との強い関係を見いだせず、粟屋景雄らとの関係も考慮すべきように思われます。

名前  諱 他の名乗り 生没年      隆景死後        
益田修理景祥七内、河内守天正3?天正5?-寛永7毛利家臣、子孫は萩藩寄組
粟屋左馬不明不明
宍戸掃部景好、景世弥太郎、善左衛門、但馬守天正元?-元和9?寛永10?毛利家臣、子孫は彦根藩士
井上左京景貞五郎兵衛?-?毛利家臣→牢人、子は萩藩士、弟は長府藩士
乃美主殿景嘉、景尚?新四郎、主水?-寛永12毛利家臣→熊本藩士
包久内蔵助景真※弥四郎?、弥七郎?、蔵人大夫?、内蔵丞天文23?-慶長6?毛利家臣→関が原後に豊前小倉細川氏?、子孫は尾張藩、長府藩?
裳掛主水(高山)盛聡六郎、弥左衛門永禄10-寛永14毛利家臣?→牢人→寄合旗本高山氏
鵜飼隼人景一?-慶長4?毛利家臣→切腹、弟が萩藩士岩内氏→鵜飼氏

※他に景忠、景吉、景勝などの名が伝わりはっきりせず

比定し得る人物の名が上げられた7名の内、その死までを萩藩士として生きたのは元々毛利家中の有力国人を出自に持つ宍戸景好と益田景祥の2名のみであったことになります。 さらに、宍戸景好の系譜も後に萩藩を離れたため、直系が毛利氏の家臣として離れることなく長く続いたと言えるのは秀就生母の妹を妻に迎え、寄組益田家として続いた益田景祥の系譜のみでした。 他の6氏はいずれもある時期までには毛利氏を離れ、あるいは鵜飼隼人のように切腹し断絶が伝わるなど、様々な事情を抱えていたようです。

諸大夫成はあったのか

肝心な点はこの8名の諸大夫成の事実があったかどうかという点になりますが、このうち乃美氏については口宣案の文書が残されています。 乃美景尚宛の口宣案の日付は文禄5年5月24日となっており[2]、『寛政譜』において高山盛聡も慶長元年5月24日の叙任を伝えます[3]。 益田氏は諸大夫成を「侍付立」同様に隆景中納言叙任の際と伝えますが、具体的な日付は示されておらず、清華成との混同がないとは言い切れません。

隆景の清華成自体が文禄4年と文禄5年の2説があり、これについては矢部健太郎氏が、当時の状況から文禄4年の秀次に対する処分実施後の体制を固めるため、文禄5年の2月に前年8月に遡及して隆景を中納言に叙任、さらに、5月に清華成という経緯をたどったのではないかとして、また、文禄4年の隆景に関する記録から、文禄5年説の根拠を提示されています[4]。 これに沿った場合、乃美氏や高山氏が伝えるものとひとまずは整合します。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。