So-net無料ブログ作成

正岡休意と宮内休意(2) [人物]

伊予の関が原、刈屋口の戦いの前後に存在が確認出来る2人の「休意」のうち、今回は宮内休意を見て行きます。

刈屋口の戦い

宮内休意は、関が原の戦いの折、伊予に進攻した毛利軍が味方になることを要求する宍戸景世らの書状[1]において武井宗意と共にその宛先となっていることで知られる人物です。 残念ながら、この毛利軍からの書状に対して彼らがどのような態度を取ったのか、はっきりした記録はないようです。 景世らが同様の書状を他の河野旧臣にも送った可能性は当然考えられますので一概には言えないのでしょうが、武井、宮内の両人の動向が加藤領内での動静に大きな影響のある存在と認識されていたのかもしれません。

毛利軍からの誘いについて、宮内休意はこれに応じたようだと光成準治氏は書かれています[2]が、この点については後ほど取り上げみたいと思います。

武井宗意

武井宗意については土居聡朋氏によって詳しくまとめられています[3]。 それによれば、武井宗意は河野旧臣で元は武任氏を名乗り、通親、信通、貞通と続いていたようです。 河野氏の滅亡後、天正15年に父信通を亡くした貞通は剃髪して宗意と名乗ったとされます。 また伊予に所領を持った豊臣系大名の親交が知られ、戸田勝隆の代官職を務めたり、あるいは福島正則との関係も確認でき、後年にも会津転封後の加藤嘉明との音信が知られていることから、関が原の戦いに際しても毛利軍には味方しなかったのではないかとのことです。

宗意の事績としては加藤氏時代に行った松前での開拓により「宗意原(そいばら)」の地名が今もその名残を伝えている[4]ことや酒造業を営んでもいたとのことからも、河野氏滅亡後は純然たる武士として生きていたわけではなさそうです。 その後、宗意は宗意原に今も残る妙寛寺を創建し、墓も同寺に残っています[5]。 ただ、墓碑には延宝3(1675)年没とあるそうですがこれが事実であれば、天正15(1587)年には戸田勝隆の代官を務めている以上100歳を越える大往生であったことになるわけで、その真相はどのようなものでしょうか。

宮内休意

上記のように武井宗意については史料が多く残ることからこれまでも言及がなされてきました。 しかし、宮内休意については河野旧臣であろうというのみで具体的な事績ははっきりしないようです。

休意についての記録としては「二神家文書」に含まれる「河野通直年忌覚書」にその名が残っています[6]。

続きを読む


正岡休意と宮内休意(1) [人物]

伊予の関が原、刈屋口の戦いの前後に、河野氏関係者と見られる2人の「休意」を名乗る人物のわずかな記録が今に残っています。

特にわずかな数の文書に姿を見せるだけの正岡休意とその残された書状から見える当時の状況を見てみたいと思います。

正岡休意

そのうちの一人、正岡休意は河野旧臣と思われる人物です。 伊予の正岡一族の出身であると思われますが、現時点で具体的に比定されている人物がいるわけではないように思われます。

関が原後と思われる時期の村上景房宛の書状[1]では景房の祖父村上吉継を始め、村上水軍縁の人物の名前を挙げていることから、彼らとの間に親交が有った人物であることは確かです。 また、宍戸掃部こと景好の消息にも言及があることから景好とも面識があった可能性が高いと考えられます。

その景房宛の書状の内容には弱気な記述も見られ、休意本人はそう遠くない時期に訪れる自身の死を意識しているようです。 既に入道していることと合わせて既に老齢であったのかもしれません。

このほとんど政治的な意味合いの薄い書状が代々村上氏の許に残されていたのは休意が関が原の際の景房の伊予での働きに触れているからではないでしょうか。 実際、この後、休意がどのような生涯を終えたのかを知ることのできる史料は今のところ確認されていないのではないかと思われます。

この書状では「大坂町に去冬以来有之事候、此三四年無足之奉公故」との記述があり、また、前後の内容からはこれが関が原後であることは明らかです。 これは毛利氏の防長移封により備後三原、安芸竹原といった河野氏、小早川氏関連の地が福島氏の所領となったことか、あるいは伊予にあって西軍に与したため加藤氏の追求を受けたためと考えられます。

大坂では乃美甚右衛門[2]と会っているようですが、甚右衛門を介してその姉(妹)婿の景房についての近況を知ったのでしょうか。

三原にて

正岡休意についての詳細は不明であると述べましたが、生前の休意自身の活動は意外なところで確認することができます。

続きを読む


得居氏と池原氏の争論 [史料紹介]

史料上の池原氏については、少し紹介しましたが、その一つに「毛利家文書 遠用物」所収の池原内蔵大夫宛の小早川隆景書状[1]が存在します。

同書状を翻刻掲載している『しまなみ水軍浪漫のみち文化財調査報告書』の解題で石野弥栄氏は、これを賀島(鹿島)城攻めについてのものとされています[2]が、同じく「遠用物」に所収の書状として紹介されている以下の得居通幸書状[3]が高仙山に触れていることから、これも隆景書状に関連のあるものと考えた場合には多少その見方を変える必要があるように思います。

ここではこれらの書状の内容について考えてみます。

小早川隆景書状の内容

まずは小早川隆景書状です。

今度御方進退之儀至
賀嶋重畳申理納得候段、
如此通幸一通之上者長久
不可有異義候条、先規之姿
無相違可被遂馳走事簡要候、
猶両人可申候、恐々謹言

五月廿八日 隆景(花押)
池原内蔵大夫殿 進之候

「御方進退」つまり池原内蔵大夫の今後について、賀嶋(=得居通幸)の申し分を聞いた上で、これ以降は「先規之姿」に則り「可被遂馳走事」が大事である、と伝えているようです。

ここから読み取れるのは池原内蔵大夫は以前より得居通幸に「馳走」すべき立場にあった勢力であるということになるかと思います。

得居通幸書状

続いて得居通幸書状です。

就高仙之儀度々
御渡海御辛労之
段、不及申候、従隆景様
依被仰聞辻相調
候之条、肝要存候、
条々入組之事互ニ
申談候趣、向後不
可有御忘却候、
恐々謹言、

    得右
六月朔日 通幸(花押)

土源右
進藤右 御宿所

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。