So-net無料ブログ作成

小早川隆景家臣の諸大夫についての補足(1) [史料紹介]

小早川隆景家臣の諸大夫成についてはいくつか取り上げてきましたが、その後、包久氏と裳懸氏に関するいくつかの史料の見落としを確認できたので、今回はこれらを紹介します。

包久氏に関するもの

まずは、直接包久内蔵丞に関するものではありませんが、包久景勝、包久因幡守について補足してみます。

豊前蓑島合戦

永禄4年、北九州の支配を巡って対立関係にあった毛利、大友両氏は門司城の争奪戦を行うこととなり、この際に海戦も発生しています。 以下、山内譲氏の著作で紹介されているその合戦について取り上げてみます[1]。

北九州を巡って両氏が争ったこの時期にいくつかの戦いはあったものと思われますが、その中でも門司城を巡る戦いで勝利した毛利軍が撤退する大友勢を追撃して戦果を上げたものが11月2日の豊前簔島合戦です。

大友勢の撤退を支援するための水軍勢力を毛利側が撃破したものですが、この合戦を記録した屏風絵「豊前今井元長船戦図」[2]が作成されています。 山内氏によれば作成年代は江戸時代と考えられるものの、そこに記載されている名が「武慶」ではなく「武吉」と正しく標記がなされていることや、その他の人名についての官途や仮名の正確性から何らかの史料を元に描かれたものではないかとのことです。

以下にこの屏風絵に記されている諸氏の人名を示します。

  • 村上掃部頭武吉
  • 村上新蔵人吉充
  • 村上源三郎武満
  • 村上越後守吉郷
  • 村上河内守吉継
  • 乃美兵部丞宗勝
  • 末永常陸介景盛
  • 木谷孫四郎景忠
  • 包久五郎景勝
  • 生口孫三郎景守
  • 財満新右衛門尉就久

能島、来島、因島の村上三氏と小早川系の水上勢力の連合の様相を呈していますが、上記のとおり包久五郎景勝の名も見られるようです。 この人物は後に木津川口の戦いにも参戦している包久少輔五郎景勝とも同一人物であると思われます。 毛利氏にとって意義の大きいこれら2つの海戦にその名前が見えることから、包久氏を代表して軍事行動を行っているのは以後天正年間まで包久景勝であると考えられそうです。

ただ、この時期の包久氏としては「座配書立」に現れる包久左馬がおり、また、蓑島合戦と同じ永禄4年に元就、隆元父子が沼田を訪れた際の記録にもやはり包久左馬助の存在のみが確認できます[3]。 その名乗りから左馬助と五郎景勝が別人であることは明白ですが、このことはどのように見るべきでしょうか。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。