So-net無料ブログ作成
検索選択

宍戸善左衛門の痕跡(その2) [人物]

宍戸景好とその周辺の人物については、これまでも 確認できた史料 を取り上げてきましたが、さらにいくつかのものでの記載を取り上げてみます。 今回はともに善左衛門を名乗った景好、元真に関するものです。

景好

まず、親の善左衛門景好です。

東京市史稿 皇城編』[1]には江戸城築城に関する諸藩の史料が掲載されています。 そのうちの毛利氏の関連史料の「江戸御普請組帳」[2]から、これに参加した毛利氏家臣の禄高が判明します。 この中に宍戸善右衛門とありますが、前後の関係からも善左衛門を指しているものと思われます。 その禄高は740石であるようです。 慶長10年の段階での740石という処遇は慶長4年頃と思われる分限帳で700石余である[3]ことから、移封時に大幅に所領を削減された多くの藩士と比較して厚遇されている部類とは言えそうです。

この組帳は慶長10年12月13日付けであり、同年に起きた熊谷元直、天野元信らの誅殺を受けてまとめられた藩主親子への起請文がこれと前後してまとめられています[4]。 益田父子と、熊谷、天野両氏との間の調停に宍戸善左衛門もあたっていたことは 以前取り上げています が、その誅殺後に組の構成も変わったであろうことも考えられ、普請帳での組の構成からはそのあたりの背景事情は見えません。

善左衛門は兄の(宍戸)元続の組に属しており、同じ組内に同じく兄の粟屋孝春の名前も見えています。 この他、同じ組の内藤久太郎は兄元盛の子、後の孫兵衛元珍でしょうか。 起請文でも内藤修理の名は見えず、内藤久太郎の名が見えることから元盛は既に隠居していたものでしょうか。

なお、景好については『広島県史 資料編』に掲載の伊勢御師村山氏の「檀那帳」[5]では「郡山之分」に現れる宍戸但馬守を景好と比定していますが、年代的にも毛利氏の譜代家臣化していた宍戸但馬守元親であろうと思われます[6]。

続きを読む


織田信長の娘の正体 [人物]

  • 第2版 2012/1/22 杉四郎兵衛について「八箇国分限帳」の内容について言及

前回に引き続いて、織田信長娘と伝わる宍戸元続の妻の正体として見出された内藤氏の娘とその周辺について、『西国の権力と戦乱』から西尾和美先生の「豊臣政権と毛利輝元養女の婚姻」[1]をベースに取り上げていきたいと思います。

「司箭伝 付宍戸元続室家之弁」

これは山口県文書館所蔵の文書であり[2]、江戸時代に編まれたと思われる「司箭伝」「司箭伝弁疑」「宍戸備前守元続君[永禄六ノ生]之始之御内室之事」から構成されているとのことです。 宍戸司箭についてもどのように記されたのか興味深い史料ですが、あくまで最後の一編が今回の話題に関するものとなります。 その内容は、当時知られた情報から宍戸元続の婚姻についてまとめたものとなっているようですが、江戸時代、既に宍戸氏の系図に記された内容に疑問、興味を持ち、精査した人物が存在した、ということも大変面白いものです。

西尾先生の論文には、全文の翻刻が掲載されていますが、ここでは概要を説明して行きます。 これによると当時、系図上、信長娘と宍戸元続の縁組について以下のような伝説が伝わっていたとのことです。

内藤左京某ノ姉妹ニ而

輝元公御養女、織田城介信忠[信長嫡子也]之嫡於次丸へ御縁談、於次丸卒去之後元続君へ入輿後離縁也、在京終身ト云々

このように同誌は、その伝承のうち於次丸を信忠嫡子とする誤りを指摘し、これは丹波中納言秀勝に対して輝元との縁談が発生したものを指しており、信長の(子の)嫁に当たるものであろうと、的確な指摘がなされていることがわかります。

また、於次丸との縁組という視点では、

輝元公ノ御母妙寿様ノ御弟内藤少輔七郎元種女ニテ、輝元公御従弟なるを御養女ニして遣ハさる処ニ~(中略)~古き系図ニも元続君ノ御室ハ内藤少輔七郎元種女又口羽通良女とあり~(以下略)

という形で、やはり内藤元種の娘が輝元養女として羽柴秀勝へと嫁いだ後に宍戸元続へと嫁いだことが掲載されているとのことです。 また、さらには元倶の妻となったこの元続娘(松崎)は寛永3年に38歳で亡くなったと伝わることから、天正17年の生まれとなり、前年の輝元上洛で成立した婚姻ではないか、としています。

続きを読む


「霧の墓」-織田信長の娘- [人物]

以前にも少し触れましたが、福永タミ子氏が書かれた小説『霧の墓』[1]は、宍戸氏にゆかりのある人々が登場する短編集となっています。 全てが歴史小説という訳ではなく、その中のいくつかの作品には古文書に興味を持ち甲立を訪れたりといった行動を取る現代の女性が現れますが、三丘に育ったと思しきその女性は、著者の姿を投影したものということになるのでしょうか。 表題作である「霧の墓」に登場する「織田信長の娘」については以前から気になっていたのですが、この謎について紹介してみたいと思います。

「霧の墓」

タイトルである「霧の墓」とは、この短編の主人公である女性の墓を示しています。 その女性は、宍戸元続の最初の妻で織田信長の娘と伝わる女性です。 これが少なくとも作者の作り話でないことは 「宍戸系図」[ 系図A ] の元続の項には「妻織田内大臣信長公女 生一女 後離縁」と記されていることから確かめられます。

上記の元続と信長女の間の娘の存在については右田毛利氏の系図からも存在を確認できます。 天野元政の子、毛利元倶に嫁いだ女性がこの「信長の孫娘」であり、右田毛利氏の系図は名を松崎と伝えます[ 系図H ]。

この元続に嫁いだ女性については織田氏に関する史料ではその存在を確認できないようです。 「霧の墓」の中ではこの信長の娘は、美濃の土豪に出自を持つ母から生まれたものとして描かれていますが、この部分については作者によるフィクションの部分でしょう。 物語の中では安芸に来てからは自分の居場所を失い、婚姻生活がうまく行かず離縁に至り、安国寺恵瓊の世話になったこの女性が三丘小松原で生涯を終えるまでが描かれています。

信長娘の墓

「織田信長の娘」についてはこれで終わらず、その墓についての話が今も伝わっています。 その存在は、「霧の墓」の結び近くで紹介されている『防長風土注進案』の内容から確認できます[2]。

その記述によれば、当時の毛利元倶の所領、三丘小松原村に墓があり、「元和4年10月14日に亡くなった蘭室宗□」のものであり、これは元倶妻の知光院(松崎)の母が元続と離縁後に娘の縁を頼ってこの地で亡くなり、建てられた墓であると伝わっているようです。

なお、この墓は今現在も三丘の地に於いて、何故か元倶の実父天野元政の墓と並んで残っています[3]。

続きを読む


石井村での合戦 [合戦]

重見氏の居城、近見山城の麓に位置するかつての越智郡石井村には一つの戦国期の合戦にまつわる伝承が残されています。 ただし、ほとんど公には取り上げられていないもので、近世の地誌にすら姿の見えないものです。 その虚実を確かめる術は今のところないのですが、まずはこの戦いを紹介してみます。

石井村での戦い

かつての石井村(現今治市石井)の大山祇神社には松の大木による扁額が残っており、その謂れが氏子の手により記されています。 そこに石井村近隣で近見山城主重見氏が関わった合戦があったと伝えていますが、まずは下記の写真でその内容を示します。

石井村大山祇神社

これによれば、天正11(1583)年3月16日、重見氏の軍勢が長宗我部氏に敗れます。 多くの兵が石井村で亡くなり、村人はその兵を埋葬した後に松の木を植え、寛政年間、祇園牛頭天王を祭ったそうです。 明治になり、松の木を伐採するよう命じられたため、その一部を扁額とし、この説明文が記されたのが明治4年ということのようです。 現代の個人名を含むため、写真の説明板の左端部分は割愛しましたが、その部分から明治4年に記載されたものを昭和60年に当時の氏子が書き改めたものと思われます。

大山祇神社の他、同じく旧石井村内の須賀神社にも同じものがあったはずですが、こちらが牛頭天王を祭ったとあるその社でしょうか。 また、明治4年の氏子中世話人としては石井村、大新田村から名前があがっているため、恐らくはこの両村の各社に同様に扁額が奉納されたのでは、と考えられます。

続きを読む


もうひとつの今治城 [遺跡]

久々の更新となりました。 基本的な内容は変わりませんが、細かいネタが消化不良気味に溜まってきたため、今まで以上に裏付けの不十分なものも、簡単に整理しつつ掲載してみたいと思います。 また、今後は、今回のような実地の紹介と合わせて取り上げていくことになるかもしれません。

もうひとつの今治城

伊予国の今治城は関が原合戦の恩賞として伊予半国20万石を得た藤堂高虎が、当時寒村であったとされる今治平野の海岸近くに海水を取り入れた堀を巡らせて築いた平城です。

その後、藤堂氏から松平氏へと藩主が変わっても今治藩の持城として、江戸時代を通じて利用されました。 現在では、当時の建造物が残存するわけではありませんが、本丸を囲う堀が残り、天守閣などが復元された状態となっています。

ところで、今治市内には一見お城と見まがう建造物が存在しているのですが、下の写真がその遠景です。

日吉の城現代版

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。