So-net無料ブログ作成

「座配書立」に見る小早川隆景家臣 裳懸氏の系譜 [史料紹介]

小早川文書「座配書立」は一部が年欠となっているのですが、これについての考察がなされた論文について木下和司氏よりご教示をいただいておりました。 これを参考に裳懸氏の状況を再確認してみることにします。

小早川文書「座配書立」の並べ替え

小早川氏の家臣団構成を確認する上で、小早川文書に含まれている「座配書立」[1]に現れる人名はおおいに参考になります。

村井良介氏の「安芸国衆小早川氏「家中」の構成とその特質」[2]ではこれに含まれる年欠史料をその内容からその年代順を推定されています。 村井氏はこの史料に含まれる19通の書立について、それぞれに現れる人名の相関関係と、特定できる人物の名乗りの変化から、その正しい年代順での並べ替えを試みています。 また、その内容から内2通については同年のものが別文書に分れたものとして合計18通分の順序を下記のように示されました (ここで、AからSは元史料における提示順となります)。

表1 村井氏による推定(可能性のある年次は筆者追記)

書立年次推定
A永禄2年
B永禄4年
D年欠永禄5〜9年?
E年欠永禄6〜10年?
C永禄11年
F年欠永禄12〜元亀4年?
M年欠永禄13〜天正2年?
L年欠元亀2〜天正3年?
H天正4年
I天正5年
J天正6年
N天正7年
K年欠天正8〜9年?
O天正10年
P(G)天正11年
Q天正12年
R天正13年
S天正14年

裳懸氏の場合

この再構成された史料の内容を裳懸氏分についてみてみます。

裳懸氏については、合計9つの名前が現れますが、これをおよその推定により分別して示します。 ★つきは比定の材料が不十分であることを示します。

表2 「座配書立」における裳懸氏

      ABDECFMLHIJNKOPQRS
      
裳懸与次  A_________________
      
裳懸河内守 _B________________
裳懸(殿) ___E______________
      
裳懸新四郎 _____F____________★
      
裳懸六郎  ___E______________
裳懸新衛門尉____C_____________
裳懸刑部丞 _____F____________★
裳懸(殿) ______MLHI_NK__QR_
      
裳懸次郎四郎______MLH_________
裳懸采女允 _________IJNK_P__S
      
裳懸六郎  _____________OPQRS
      

続きを読む


能島衆の関が原 [合戦]

戦国末期、瀬戸内の海に大きな存在感を示した能島村上氏ですが、秀吉の四国攻め、海賊禁止令などにより、毛利、小早川氏傘下にあってその家臣化が進みます。 このような中で、徐々に離散していったと思われる能島村上氏の中で、村上武吉傘下を離れた海賊衆が戦った最後の海戦を取り上げます。

関が原合戦と能島衆

能島村上氏一党は関が原合戦のさなかも毛利家中の一員としての活動が各地でみられます。 分家の村上景広は乃美兵部(景継)らとともに、伊勢湾に進出した記録が残ります[1]。 一方、武吉の子、景親は当初、兄元吉と共に蜂須賀領の受け取りへと阿波へ進出し、後に近江大津城攻めへ転じたようです[2]。 能島の当主、元吉は阿波へ向かった後は、輝元の命を受け、伊予進攻の準備にかかり、父武吉、宍戸善左衛門らと伊予へ向かった元吉は加藤嘉明の残留部隊の夜襲を受け、三津の地で討ち死にします。 この前後、武吉の姿は伊予に残る河野旧臣へと宛てた連署状[3]で確認できるのみで、地上の戦闘には関わらず、海上にあったのかもしれません。

最後の船戦

恐らくは能島衆が関わった最後の船戦は、意外なことに豊後沖で関が原本戦からしばらく後に行われていました。 組織としての能島衆は関が原以前に既に離散が始まっていたようで、慶長4年には黒田家に入った「野島衆」が居たようです。 彼らが、薩摩へと戻る島津家の軍船との間で戦った海上戦闘が慶長5年9月26日に発生していることを島津、黒田双方の史料から桐野作人氏が紹介されていました[4]。

当時、九州では東軍についた黒田如水が西軍についた豊後諸将や大友再興軍と対峙していました。 大友軍を下した後、黒田如水は豊後国富来城攻略中であり、この時、松本吉右衛門の指揮下に黒田水軍も豊後沖で活動を行っていたようです。

このような状況下、西軍についていた島津家の軍船4隻が国元へと戻る途中、豊後沖で遅れた3隻が黒田水軍と遭遇します。 島津船は逃走を試みたようですが、3隻のうち2隻が黒田水軍との戦闘に陥ります。 これについては逃れおおせた船が義弘夫人の御座船であったことから残り2隻がこの船を逃すよう振る舞った可能性もあるのではないかとも桐野氏は書かれています。

この海戦を「黒田家譜」[5]と「松本家文書」[6]から確認してみます。 まず「家譜」のこの場面では野島衆と思われる人物の行動が多く描かれます。 黒田水軍の軍船は島津家側よりも小さく、島津側の必死の抵抗を受けて苦戦しますが、庄林七兵衛、石川勝吉、村上長介、あるいは讃州直島、すなわち塩飽の高原次郎兵衛らの活躍で炎上し、ついにはその制圧に成功します。 卯の刻に姫島沖で始まった船戦は申の中刻に佐賀関で終わったと記していますから、9時間前後に渡っての激戦であったようです。 「家譜」では島津側の被害を200名ほどの乗員のうち、助かったのは僅かに水夫人夫13人、女8人のみとしていますが、対する黒田側も死者が計44名、手負い54名という大きな被害を残しています。

続きを読む


慶長の役、小早川家の西生浦の在番役に見る小早川氏家臣団(3) [史料紹介]

引き続き小早川家の西生浦在番役を割り当てられた各武将の出自について九州関係者と不明な人物について、そして彼らのその後についてです。

九州出身者

名和氏

伯耆左兵衛は肥後の名和顕孝が先祖である名和長年に縁のある伯耆を姓として用いたもののようです。 顕孝の頃には名和氏は宇土城を本拠とし、宇土氏とも名乗っていたようです。

秀吉に降り、天正16(1588)年の肥後での国人一揆には上洛中であったこともあり参加していないものの、後に同じ肥後国人の城氏と共に、筑前の国人原田氏らとの間で替地を命ぜられています[1]。 このような経緯で隆景の指揮下に入った顕孝ですが北条攻めや文禄の役にも従っていることがわかります[2]。

また、長良とも名乗ったようで「乃美文書」に小早川景俊宛の彼の起請文が残されています[3]。 兵法の伝授を伝える起請文のようですので、左兵衛は軍学にも長けていたものでしょうか。 ただ、宛所の景俊は一般に伝わる小早川氏には見られない名です。 秀俊が小早川氏入嗣時に一時景俊を名乗ったのかもしれませんが、これが乃美氏の下に伝わることと合わせて不明なところです。

天正3年の島津家久の上洛を記した『中書家久公御上京日記』には、京での様々な場面に度々「宇土殿」の名前が見えるようですが、これも名和顕孝と考えられているようです[4]。

問註所氏

問註所(翻刻では門住所)氏は大友氏に従った筑後の有力国人として知られる存在です。

問註所統景は九州国分の後は隆景の下に置かれ、文禄元年に朝鮮の地で討ち死にしています。 小兵衛の名は統景の孫で立花家に仕えた康辰として見えますが、年代的に符合しませんので、統景の子で康辰の父でもあり、後に立花宗茂に仕えた三郎兵衛政連を指すのではないでしょうか[5]。

黒木氏

黒木氏もまた筑後の有力国人です。 大友氏を背き、竜造寺氏についた家永は大友氏の攻撃を受けて敗死していますが、その子延実が隆景に仕えたということです。 このことから与兵衛尉は延実かその近親者でしょう。

杉氏

各隊の指揮官のさらに倍近い給地を得ていることが推測される杉太郎兵衛尉については、はっきりしたものが見えません。 その所領の大きさから、所領安堵を受けた在地の国人であることは確かでしょうが、各隊の指揮官に選ばれているのがいずれも毛利氏、小早川氏と関係の深い家臣であるところを考慮すると、毛利氏の家臣筋ではなく、九州在地の国人が所領安堵されたものと考えるのがよいのかもしれません。

遠賀川流域には杉太郎兵衛重緒という武将が鎌倉初期にいたと伝わっており[6]、この杉氏は大内一族とは別の杉氏のようですが、この系統が代々杉太郎兵衛を名乗って続いていた可能性はあるのではないでしょうか。

一方、後に小早川家から村上景房や曽根景房らと共に毛利家臣となったと思われる「杉帯」なる人物の存在が確認できる[7]ことから、毛利氏につながる杉氏が小早川家中に居たとも思われます。

続きを読む


慶長の役、小早川家の西生浦の在番役に見る小早川氏家臣団(2) [史料紹介]

引き続き、小早川家の西生浦在番役割当の史料を取り上げます。 ここでは各武将の出自について分かる範囲でまとめてみたいと思います。

伊予出身者

2隊の所属者から明確に伊予関係者とわかるのは村上氏、曽根氏各2名の計4名となります。 この時期、本貫地を失った伊予出身者がこの他にも小早川氏へ仕えていた可能性はありますし、彼らが他の2隊に含まれていた可能性もあります。

村上氏(能島系)

武吉の次男景親は四番隊の隊長を務めています。 景親については、父と兄である武吉、元吉が筑前を離れるのと入れ替わるように名島に入っている様子が確認できます[1]。 なお、村上景親の娘のうち二人が日野景幸の子である元重の妻、後妻となっています[2]が、景幸とのこの時期の小早川家臣時代の縁でしょうか。

村上氏(来島系)

村上景房の祖父は来島村上氏とその主家河野氏を軍政両面から支えた村上河内守吉継です。 来島通総の河野氏からの離反にも従わず、来島氏の伊予復帰と小早川隆景の伊予領有以降も来島氏の下には戻らずそのまま隆景の家臣となったようです。 吉継の子、景房の父である又四郎は早くに討ち死にしていた[3]ようですので、直接吉継の遺領を継いだものと思われます。

曽根氏

二番隊に曽根孫左衛門(景房、あるいは高房)と十郎右衛門尉が見えますが、曽根景房は元は曽根城主(旧内子町)の曽根氏となります。 景房と共に姿の見える十郎右衛門尉は景房の弟高光であるようです。

高光は後に石田三成に仕え、関が原の戦いに際して討ち死にしたと伝わっています[4]。 景房も刈屋口の戦いで討ち死にしており、奇しくも関が原の本戦、そしてそれに伴う伊予での攻防戦とほぼ同時期に別々の場所でこの兄弟は命を落とすこととなったようです。

光成準司氏は曽根氏に伝わる書状から、景房が石田家中に移った可能性を示されています[5]が、曽根景房自身は村上景房らと毛利氏に復帰している様子が伺えますので、三成が引き取った家臣の一人が十郎右衛門尉高光であったということでしょう。

続きを読む


慶長の役、小早川家の西生浦の在番役に見る小早川氏家臣団(1) [史料紹介]

小早川隆景は四国攻めの後に伊予を与えられ、豊臣政権下の大名となりました。 しかし、隆景は毛利領内にも所領を保持し、隆景に付き従って四国、九州へと移った武将の中にも同様に毛利領内の所領を持っていた者もいたと思われます。

これに加え、隆景の跡を養子として小早川秀秋が継ぐことになったため、秀秋の家臣団と新たに秀吉からつけられた者もいる状況で小早川家の内部は複雑な状況にあったはずですが、秀秋時代の朝鮮での在番役についての史料から家臣団の断片を見てみます。

西生浦在番役

小早川家を継いだ秀秋は慶長の役で西生浦の在番役を命じられており、その家中での軍役の割り当て記録が二番隊を率いる清水景治[1]、四番隊を率いる村上景親[2]のものについて残されています。 1隊約750人の4隊構成で各隊毎に4ヶ月の任期でこれを割り当て、家老の山口宗永が取りまとめていますが、この中には何人かの伊予出身者の名前も見られ、数少ない小早川氏家臣団についての史料でもあると思われます。 隆景時代とはまた異なる背景をもつ者たちであるとは思われますが、これについてわかる範囲でまとめてみました。

この割り当てが記載された文書の日付は慶長3(1598)年4月で、三原に隠居していた小早川隆景は既に前年に亡くなった後にあたります。

4隊の構成

4隊についてその指揮官や人数、在番期間についてはそれぞれの史料の最後に記されているため、史料の確認できない2隊のものも含めて知ることができ、これをまとめたものが表1となります。 ここから指揮官となったはいずれも小早川氏あるいは毛利氏縁の国人勢力の出身者であることがわかり、うち3名は隆景の偏諱を受けている人物です。

表1 4隊の構成

指揮官  諱  人数 鉄砲 期間
一番日野左近 景幸 736人不明 慶長3年5月から9月
二番清水五郎左衛門景治 732人216丁慶長3年10月から2月
三番仁保民部少輔 広慰?750人不明 慶長4年3月から7月
四番村上三郎兵衛 景親 739人208丁慶長4年8月から12月

村上景親、清水景治はいずれも家督を継ぐべき兄が毛利氏の家臣として存在し、日野景幸も子の元重に毛利領内の所領は譲った上で小早川氏へと移っているようです。 実際、景幸の場合、日野氏の毛利領内での所領は1000石[3]ですが、慶長4年には4000石を秀秋から与えられています[4]。

村上景親も秀秋から3100石を与えられています[5]が、慶長4年に毛利氏に戻った際には1000石の給付に止まっていたようです[6]。 このように、小早川氏家臣団への編入は経済的なメリットも大きかったものと思われます。

また、仁保民部少輔の詳細は不明ですが、仁保元豊の子で、仁保家を継いだ元智の兄でもある広慰ではないかと考えていますがこの点については後述します。

この他、各隊に編入されている各人についても下記の4通りのうちのいずれかの出自と考えられ、少なくともこの在番役には古くからの秀秋家臣や秀吉からつけられた者達は関わっていない様子が伺えます。

続きを読む


村上隆重の死 [史料紹介]

笠岡村上氏の初代とも言える村上隆重について、津々堂氏によって 「分かりました・・村上隆重の没年 - 津々堂のたわごと日録」 という記事が掲載されています[1]。 この内容には個人的には異議があるため、取り上げてみたいと思います。

景広の死

隆重の子、景広は細川家で1万石を与えられその家臣として寛永4(1627)年、73歳で亡くなります。 ところで、これに関連し、津々堂氏は以下の記事から翌年景広の父隆重が亡くなったものとされています。

細川小倉藩「日帳」寛永五年九月二十八日項に次のような記載がある。

■村上隆重葬儀 村上景則母危篤

「椋梨半兵衛被申候ハ、八郎左衛門吊(弔カ)、今井(中津郡)にて仕候、ニ三日之御暇被下候ハヽ、参度存候、それより、河内殿(村上景則)御母儀煩きわまり申由、申来候間、今井より直二中津へ参度被申候、さ候ハヽ、可被参由、申渡候事」

詳しくは冒頭に示した元サイトをご覧いただくとして、この「日帳」の記事[2]から津々堂氏は以下のようにまとめられています。

  • 景広とともに父隆重も豊前に
  • 景広は寛永4年没
  • 隆重はその翌寛永5年没

この隆重の死について検討を行ってみたいと思います。

村上隆重についての検討

まず、隆重の生年ですが、一つはその名前から大内義隆の偏諱を受けていること、また天文10(1541)年前後の能島村上氏の内紛で武吉擁立に尽力したとあることから、少なくとも永正年間(1504〜1521)には生まれていたものと考えられます。 その死没が景広の死の翌年であった場合、その没年は100歳を大幅に上回るもので、現実感はありません。

また、「村上家文書調査報告書」解題では隆重が永禄末年頃までには亡くなっていたと解釈しています[3]。 毛利氏からの笠岡給付に関する村上少輔太郎宛の書状の年代比定の問題でもあるのですが、山内譲氏との間での時期を巡る見解の相違が起きています。 この書状の年代が隆重生存の傍証とはなりますが、山内説を採った場合でも天正年間以降、隆重の生存を示す一次史料はないと言ってもよいでしょう。

それでは先の記事が意味するものはなんでしょうか。 このヒントは豊前中津ではなく、肥後八代の街に残されていました。

続きを読む


包久氏再考 [人物]

小早川氏庶流のひとつである包久氏については 何度か 取り 上げ ました が、いくつかの補完史料から再度まとめてみたいと思います。

小早川時代

小早川家臣時代の包久氏について、簡単に確認してみます。 儀礼上の観点から本家筋は包久左馬―弥七郎―内蔵丞と考えられます[1][2]。 出現時期から弥七郎―内蔵丞は同一人物であり、左馬助と親子関係を想定します。

軍事面では少輔五郎(宮内少輔)景勝の姿が見えますが[3]、活動時期が左馬助、弥七郎の出現時期と重なることから、彼らとは別人と考えられます。

また、隆景末期の奉行人、次郎兵衛景相、「瀬戸」の城主として包久因幡守、この他、包久又七郎、包新、包弘などが史料上に散見されますが、相互の系譜上の位置など詳細不明です。

関が原前後

慶長4(1599)年頃が想定される毛利氏の分限帳では、包久氏では内蔵丞、弥七郎、次郎兵衛が確認できます[4]が、関が原の合戦では、包久氏について、2名の動向を確認することができます。

一人は戦後の慶長5年10月15日に、横山伝兵衛尉へ起請文[5]を書いている「包左」ですが、永禄年間に見える名乗りを継いだ包久左馬助と思われ、内蔵丞あるいは次郎兵衛のいずれかが名乗りを変えたものではないでしょうか。 その起請文の内容は伝兵衛尉が「手柄を返す」事を讃え、今後も兄弟以上に大事に扱うと約したものです。 この「手柄」とは9月23日付の毛利秀元感状[6]にある美濃、伊勢での戦功でしょうか。 この感状の末尾に

猶於国本可加褒美者也

と記されており、合戦の敗北とその後の毛利氏への処遇から、恩賞の約を履行できない事態への対応とみられます。

もう一名は「野間内海合戦首注文」[7]に現れる包久弥三郎です。 尾張国野間内海付近での合戦について、毛利氏に残る記録では乃美兵部允(景継)、村上八郎左衛門(景広)がそれぞれ小早川、村上系の水軍の指揮を取っていたことがわかります。

この弥三郎は先の分限帳にも現れず不明な存在ですが、水軍を率いていることから、宮内少輔景勝との関係が疑われます。 弥三郎の名は後年の史料から意外な形でみることになります。

関が原以降

関が原合戦以降、包久氏の名が毛利本家内で見られることはほぼなくなりますが、包久内蔵丞は細川氏への下へ移った形跡が残ります[8]。 村上氏、乃美氏の縁戚関係からみて、包久内蔵丞、乃美主殿、村上助右衛門らは皆、景広と同時かその後の誘いを受けて、細川氏へと移ったものでしょう。 長府藩包久氏の伝える系譜では、内蔵丞は慶長6年に豊前宮熊で亡くなったと伝えます[9]。 そしてこれ以降、重用された景広、景則親子、乃美景嘉らとは異なり、細川家中でも包久氏の存在は確認できなくなるように思われます。

黒田氏家臣として

一方、福岡藩黒田氏家臣として一時期包久氏の姿を確認できます。 「元和初年人数付」[10]では吉田宮内組で包久藤兵衛が200石、高原二郎兵衛ら船手関係者と思われる中に包久弥三郎が100石と記されています。 元和9年の分限帳においては吉田宮内組に包「文」藤兵衛が200石とありますが、もう一つの元和9年分限帳では包久氏の名はありません[11]。

逆にこれ以前の分限帳に名前は見えず、黒田氏へいつ頃仕えたのかは不明ですが、他の史料から黒田家中での包久氏の存在は慶長年間に溯ることが可能です。

慶長5年に伊勢へと進出していた包久弥三郎ですが、彼の名前が景勝であること、そして別の一面を持っていることが「麻生家文書」に含まれる文書からわかります。

続きを読む


井原村の宍戸玄翁とその娘 [人物]

戦国時代、安芸宍戸氏に生まれた宍戸元秀は当主隆家の長子であり、毛利元就の外孫でもありながら、病弱であったとも、事情があり軟禁されていたとも現代には伝わり、ほとんど事績を残すことなく亡くなっていきました。

元秀については以前も一度 まとめました が、出家後名乗ったと思われる玄翁(玄能)の名前からその晩年と死後、そしてその娘についてを再度見てみます。

宍戸玄翁

安養院殿祖雲玄翁、これが慶長2(1597)年6月11日に亡くなった宍戸元秀の法名です[ 系図A ]。 同系図には安芸国井原村で亡くなり、その際に51歳であったと記されます。

先にも述べたとおり、事情については不明ながら廃嫡されたと伝わり、事実、実父隆家の死後も家督を継ぐことなく亡くなったのは確かなようです。 天正末年頃の毛利家の分限帳においても、「隠居領」として870石が記されています[1]。

一方、現在のところ一次史料上においては、いくつかの寺社との関わりが確認されるのみの存在ではないかと思われます[2]。

安芸高田郡井原村ではその地名から高氏の一族が井原氏を名乗り、室町期以降勢力を伸ばしました。 同分限帳では既に井原氏は高田郡内の所領をほとんど失っており、井原村は毛利氏の直轄地であったようです[3]。 またこれは広島築城以後のものと考えられるため、この時点での元秀の居所も井原村である可能性は高いと思うのですが、玄翁名での厳島神社への寄進打渡状[4]から、遅くとも文禄年間には井原村へ居住していたものと考えられます。

玄翁の眠る寺

系図には元秀がどこで弔われたのかについては何も示されていません。 いくつかの材料からこれを検証してみます。

安養院

まず、元秀の法名の院殿号である安養院の名前は、毛利氏に関連して2つ、その存在を確認できます。

一つは、高野山の宿坊安養院であり、ここが毛利氏と関係を持っていますが、宍戸氏がどのように関わりを持っていたのかは未確認です。

もう一つが現在も広島に残る寺院、安養院です。 福島正則によって城下内で現在の比治山下へと移転したと思われ、明治に入って隣接する多聞院と合併し、名前が残る形となったようです。

広島藩により編纂された江戸時代の地誌『芸藩通志』には安養院について下記のように見えます[5]。

多聞院の上にあり、如意山歓喜寺と号す。
開基詳かならず、寛文中の存慶を初代とす、
境内金比羅社あり、寺門の内、偃松老樹あり

かつての安養院には頼山陽の父頼春水や叔父頼杏坪などの墓があり、これは今も残りますが、宍戸元秀の存在は見えません。 なお、この頼杏坪が『芸藩通志』編纂者の一人でもあります。

元は毛利氏縁で吉田郡山あった安養院[6]が広島築城後に広島城下へ移転したものとも思われるため、元秀との関係を強く考えられる訳ではありません。

高源寺

一方、玄翁が亡くなったと伝わる井原において、その記録がないものか確認すると意外にもその墓についての伝承まで確認することができました。

先と同じく『芸藩通志』では以下の記述をみつけることができます。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。