So-net無料ブログ作成
検索選択

天正16年の高野山上蔵院宛宿坊証文 [史料紹介]

河野氏滅亡後の天正16(1588)年、河野氏が定めた高野山における伊予住人の宿坊、上蔵院に対して再度宿坊証文が書かれています[1]。 この宿坊証文は前年に亡くなった河野通直の慰霊を弔うために高野山へと登山した河野通直母とその一行が残したもので「高野山上蔵院文書」に含まれているものです。

天正16年の登山者たち

同じく「高野山上蔵院文書」に含まれる「河野家過去帳」[2]からは、その際に共に登山した多くの人々が旧主通直の慰霊だけではなく、縁者の供養や自身の逆修供養などを行っていることがわかります。

通直母も通直の供養塔を建てると共に、自身の逆修供養も行っており、今も河野氏の墓塔は奥の院に見ることができます。 ただし、当時は女人禁制の地であり、通直母自身が高野山内に入ることはなかったはずです。 また、時期のずれから同行者ではないと思われますが、直近にも多くの河野氏旧臣関係者の供養依頼がなされています。

定成隆氏は上蔵院文書について収録される各種文書の状況、背景も論じつつ、この証文については正文であろうとされています[3]。

宿坊証文とその解釈

この宿坊証文には通直母のほか河野氏の家臣団からも通直時代の重臣層として知られる平岡氏、垣生氏ら以下の13名が連署しています。

  • 平岡太郎通賢
  • 垣生肥前入道全休
  • 垣生左京亮周由
  • 松浦佐馬進通長
  • 垣生孫三良盛継
  • 向居三良兵衛尉経愛
  • 高田小八通真
  • 浅海源右衛門尉通毛
  • 久保市右衛門尉信存
  • 太内蔵人進信堅
  • 杉原太良左衛門尉春良
  • 戒能備前入道顕意
  • 久津名新右衛門尉通保

続きを読む


能島分限帳「行方覚書」(下) [史料紹介]

引き続き能島村上氏の「能島家家頼分限帳」[1]から読み取れるものを見ていきます。

注目できる記事

来島村上氏との婚姻

系図上では武吉の妻として、前妻、後妻いずれも村上通康娘とされています[2]。 これに関連する記載が中間弥吉について「来嶋様より妙輪様御供仕候」、中間惣兵衛についても「来嶋様より後也、妙三様ニ御供仕候」と2ヶ所見られます。 これらから、武吉の前妻「妙輪様」、後妻「妙三様」が来島村上氏から来たと認識されていたことになります。

なお、来島村上氏との関係では高橋五藤右衛門が「右廣嶋引取、後来嶋左門様ニ居申候事」とあります。 後に久留島藩へと出仕したとも読めますが、左門を名乗る人物はむしろ久留島藩初代藩主長親の庶兄左門通則が知られますが、慶長5年に亡くなったと伝わります[3]。 同じく福島家中の村上彦右衛門吉清と勘違いしたのか、あるいは左門通則の後継者が福島家中に存在したのでしょうか。

田坂茂右衛門

中間弥五助は「伊与ニて首尾能、又 大方様へ御奉公仕候故、立身被仰付、田坂茂右衛門と申」とあります。 この「大方様」を西尾和美氏は河野通宣に嫁し、河野通直の生母である宍戸隆家娘と解釈され、弥五助を「大方」によって独自に取り立てられた河野氏家臣の存在例としてあげられています[4]。

しかし、この分限帳に現れる「大方様」に注目すると、この解釈についての疑問が生じます。 藤原弥助には「小田殿より大方様御供仕候、立身被仰付」とあり、弥助は小田氏から元吉へと嫁いだ「大方様」と共に能島へ来た後、「立身」したことがわかります。 また、既に述べたとおり分限帳の記載がほぼ天正末期以降、基本的には関が原合戦頃以降のものに限られる事を考えれば、弥五助の仕えた「大方」も元吉妻であると考えられます。 「伊与(予)ニて首尾能」とは、慶長5年の伊予での戦いにおける活躍を指しているものでしょう。

能島衆からの脱落

この「行衛覚書」からは、人々が様々な理由で能島村上氏を離れていく様が見て取れます。 暇を与えられ引っ越すものも多くいたようですが、「走り」すなわち逃げ去っていく者達の存在も少なくありません。

東右近助

分限帳の先頭に置かれ、家中でも高禄を食む東右近助ですが、血縁的に村上景広と近い関係にあった事もあってか屋代島を離れたようです。 右近助の項には関ヶ原合戦前後の状況だけではなく、長々とそして如何に不忠な人物であったかが書かれています。

「右近事六歳ニ被為成、御主ヲ捨て御家之大事有之、不忠不儀御家中無隠、他国迄も沙汰仕たるとのよしニ候」 とその行動を激しく非難し、その逃亡前後の状況についても 「右近丑ノ歳七月末走り申候前ニ村上八郎左衛門(景広)殿御立退、無程右近走り申候」 とあることから、右近助逃亡の直前に毛利家中を離れた村上景広をも暗に非難していると取れるかもしれません。

景広が慶長6年4月には毛利氏を離れていたことは、乃美景継の起請文[5]から確認ができますので、その後、景広からの勧誘が起こったものでしょうか。 その後の東右近についてはなぜか景広の子景則と誤認されている節があるのですが、熊本藩士として東右近大夫から続いたとする村上孫四郎家がこの家系でしょうか[7]。

村上四兵衛

80石取りと分限帳の中では東右近助、村上左馬助、友田次兵衛に次ぐ給地を持つ人物です。 四兵衛は能島衆が屋代島へと移ったのち、安下庄から「あたけと申大船」へ武具や馬具などを詰み、その他数艘の船で縁者30人程と逃げ、近年戦ったばかりの伊予の加藤嘉明を頼ったとしています。 四兵衛は1000石で、残りの者は100石で召し抱えられるも3年後、正月の祝いの帰りに酒盛中に船が転覆し、誰も助からなかったと伝え、それを「行衛覚書」では「天命至極」と糾弾しています。

続きを読む


能島分限帳「行方覚書」(上) [史料紹介]

「宮窪村上文書」の中にはひとつの「分限帳」[1]が含まれています。 「宮窪村上文書」は基本的に村上一学家、つまり景親の系譜に属する文書が中心ですが、この分限帳は本家元吉の家臣団についてのものと思われます。 また、単なる分限帳ではなく、その後の家臣団の行方を記した「覚書」としての性質ももつものです。

「能島家家頼分限帳」

この「分限帳」の構成はまず大きく二つに分けられます。 最初が東右近に始まる能島村上氏の分限帳、そして末尾に記された関が原合戦以降の経緯を記した部分です。

また、分限帳部分は、人名、禄高の記載に対し、その人物のその後や特筆すべき事項を記すという形が取られています。 さらに、この分限帳部分も、先頭の給人44人、その後に続く「小給人」の項、さらに中間として姓を持たぬ人々が記されます。

以下、慶長初期以降と思われる分限帳の成立時期に関しては「分限帳」、竹原崩れ以降の事跡を記した箇所については「行方覚書」として取り上げます。

数値でみる分限帳

まずはこの分限帳を数値的に見てみます。 掲載されている人名を、分限帳の記載を参考に分類してみます。

まず、途中に「四拾四人之外小給人と申ハ漕手ニも懸り陸ニてハ弓靭腰ニ付飛脚役状持廻り」とあり、名字を持つ下級の侍を小給人と指すようです。 ここに属する101名のうち、2名については「跡」が付されており、分限帳作成時には当該給地は該当する給人が不在だったようです。 また、中間を記載したその後に姓を持つ5名が記されており、単なる追記なのかあるいは彼らの扱いはまた別であったとも考えられます。

この小給人より上位に位置する人たちをここでは給人として扱うことにします。 先の記述の通り、44人という認識に対し、侍のほか、大龍寺15石を含むとこの数値と一致します。 集計ではこの他に便宜上、「武吉隠居分」50石、「景親様船懸」76石余を含めました。

中間については、中間〜と記され、姓を持たない者たちであるようです。 ただし、これらの内から後に「立身被仰付」と書かれ、姓を与えられた者も散見されます。

分類 人数石高計 平均最低最高
給人  461766.6 38.420101
小給人 1011203.5 11.9525
中間  22 191 8.7710
合計  1693161.1 18.7

給人の最低値から大龍寺15石は除外しました。 結果概ね、給人は20石以上、小給人は10〜20石、中間は10石以下という基準がこの時点では存在したようです。

成立まで

ここまで分限帳として紹介してきましたが、実際には現状のこの文書はその先頭にも記されているとおり「行衛(方)覚書」という性質の方が強いものとなっています。 結論としては慶長初期の「分限帳」に対し、寛永年間(までの間に)、家中の誰かが「行衛覚書」として成立させたものと言えるでしょう。

先に見た通り、家臣団へ合計3100石余りの給付がなされており、その他、給銀、給米を受ける者たちの存在が示されています。 防長移封直後、屋代島の能島村上氏1500石取りであり、また、この分限帳末尾に友田次兵衛が25石、江師宇兵衛が20石となったと記されており、これらは分限帳本文での給地82石余、41石のそれぞれ半分以下です。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。