So-net無料ブログ作成

祢津を歩いて [遺跡]

信濃国小県郡祢津(ねつ)、現在の長野県東御市祢津地区は江戸時代の寛永年間以降を通じて旗本松平氏の所領でありました。 この松平氏は徳川家康の異父弟で元は久松氏であった松平康元につながる家系です。 旗本としての初代である忠節は大垣藩主忠良の庶長子で、その妻了照院が以前にも 紹介した とおり、当時萩藩士であった宍戸景好の娘かと思われます。

また、祢津は中世には海野一族の祢津氏の支配下にあった場所で中近世の文物が多く残されています。 今回はこの祢津地区に今も残る江戸時代の歌舞伎舞台での平成24年4月29日の公演に合わせて現地を訪問しました。 この日は公演だけではなく満開の桜と好天に恵まれるというすばらしい一日となりましたが、ここでは祢津地区の現況を紹介してみます。

以下で紹介する各遺跡の説明については『祢津地区 ふるさとをたずねて』[1]、『東部町誌』[2]の記述に依っています。 なお、了照院の婚姻を巡る注目点については別項にて改めて整理してみたいと思います。


より大きな地図で 祢津東町歌舞伎 を表示

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。