So-net無料ブログ作成
検索選択

末永良昧の記 [人物]

ふとしたきっかけから、小早川隆景の旧臣の一人、末長七郎左衛門景直(良昧)と子孫の行方が見えてきたので、今回はこれを紹介してみます。 その情報を掴むきっかけとなった奇跡的な経緯についてはといきんさんの「戦国覚書」内の 「広家の初陣@児童向け読み物」にて紹介いただいていますので是非こちらもご覧ください。

末永良昧

吉川家に伝わる文書類の中に残されたものの一つが末永良味書状です[1]。 時期は不明ながらその内容は黒田長政の命を受けた末永良昧なる人物が吉川広家へと使者にたった際のものであるようです。

この黒田氏家臣とみられる良昧の姿を慶長から元和にかけての各種分限帳で確認[2]すると、当初は田代半七組に属し、200石から300石ほどの禄を得ている「新参」の人物、そして元は「刑部景直」を名乗ったことなどが記されています。 景直の名前などからこの良昧は小早川家中にあった末長七郎左衛門景直と同一人物であろうと推定できます。 黒田家中で「新参」は関が原合戦後の召抱えを指すこと、慶長7年の分限帳には名前が見えること、が良昧が黒田家臣となった時期などを見る上で意味がありそうです。

隆景の死と三原衆

小早川隆景は慶長2(1597)年6月に亡くなりますが、その死は急死であったといい、その時点で「三原衆」と呼ばれる家臣団がなお隆景の下に残されていました。 その三原衆の井上春忠ら有力家臣7名がおよそ半年後の12月6日に毛利元康宛へと差し出した起請文[3]が残されています。 その内容から彼らの扱いが微妙なものであったことが伺えますが、そこに連署している一人が末長七郎左衛門景直です。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。