So-net無料ブログ作成
検索選択

高き塔の下で [人物]

「大日本史料」の元和8(1622)年の記事中で毛利氏家臣堅田元慶の卒伝として多数の関連資料が活字化されています[1]。 また、この掲載に関連して、宮崎勝美氏が論考をまとめられています[2]。

堅田元慶は毛利輝元の出頭人の中でも特に若年でありながら、輝元の奉行人として活躍した人物です[3]。 天正末年頃には既に家中で一門、国衆を覗けば最大の給地を有しています[4]。

一方、関ケ原合戦後は証人としてそのほとんどを江戸で過ごした事は筆者も今回の資料と論文を読むまでは把握していませんでした。 上記の論文では、元慶の関ケ原合戦以降の境遇や史料から読み取れる逸話など、興味深いものが紹介されていますが、それ以外の部分で気になるところをとりあげてみました。

元慶の出自

粟屋氏

元慶は粟屋元通を父、宍戸氏家臣江田元周娘を母として、その二男として永禄11(1568)年に生まれます[5]。 兄元定が父元通の跡を継ぎ、弟元宣も別家を建て、他に姉妹もいたようです。 妻は益田元祥娘で寛永13(1635)年没、49歳[6]と伝わり、元慶との年齢差からは元慶の継室である可能性が高いのではないでしょうか。 子は跡を継いだ就政の他、5人の娘はいずれも毛利一門の当主か秀就期の重臣に嫁いでいます。

   粟屋元通(縫殿允、備前守)
     |——元定
     |——(堅田)元慶
     |——元宣  |—毛利元任室
江田元周—女 (和智) |—宍道元親室
            |—井原元良室
            |—就政
            |ー梨羽就云室
       益田元祥 |—毛利元包室
         |——女
    吉川元春—女

堅田氏

堅田氏自身は堅田姓を輝元より与えられたと記します。 一方、「長陽従臣略系」[7]は、堅田氏の項で元慶を三郎左衛門養子と記載するものの、同書自体は三郎左衛門の詳細を述べません。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。