So-net無料ブログ作成
検索選択

井上春忠伝(下) [人物]

前回に続いて小早川隆景家臣、井上春忠についてみてみます。 ここでは伯耆守の官途と、それに関連して大徳寺の玉仲和尚の関わりに注目します。

伯耆守春忠

井上春忠が伯耆守を名乗ったことは確かであると言えそうですが、それは非常に短い期間でのみ確認できます。 実際には又右衛門尉を永く用いており、各種史料に井上又右衛門、「井又右」の文字が現れます。

村井良介氏の調査[1]では伯耆守の初出は以下の史料となるようです。

  • 「糸崎神社文書」(慶長元カ)6月18日 小早川氏奉行人連署制札 [2]

一方、同じ調査で又右衛門尉を用いている最後のものは以下となります。

  • 「法常寺文書」 文禄2年11月17日 小早川氏奉行人連署書状 [3]

ここから文禄2年末頃から慶長元年の間に伯耆守と改めたと考えられます。 以前、小早川隆景の清華成に関連して、近世に残された諸大夫成をしたと伝わる8名について取り上げました。 この時、全く比定できる人物が見当たらなかったのが、粟屋左馬、井上左京の2名です。 ただ、その左馬、左京という官職名を無視すれば、彼らに比定し得るのは粟屋盛忠、景雄親子、井上春忠、景貞親子それぞれのいずれかであろうことは間違いないかと思います。 そして、この又右衛門尉から伯耆守への変化が諸大夫成によるものであるとした場合には、文禄5年5月の小早川隆景の清華成に伴うものという仮定を上記の史料残存状況は満たしていると言えそうです。 粟屋氏についても、先の村井氏による調査では粟屋盛忠が河内守を用いている記録が1件のみ挙げられますが、これは上記「糸崎神社文書」の制札に春忠らと連署しているものでこちらも時期が整合します。

福岡に残る足跡

その後各種資料を見る中で、村井氏の調査後に刊行された『福岡市史』に2つの興味深い史料が掲載されていることに気づきました。

続きを読む


井上春忠伝(上) [人物]

小早川隆景の側近として乃美宗勝に次いで信頼を得ていたのが、元は毛利家臣であった井上又右衛門尉春忠であると言えるのではないでしょうか。 宗勝同様に当時の伊予との関係においても度々名前の出てくる人物でもあります。 隆景急死後の「三原衆」崩壊の過程で春忠も毛利家を離れますが、その子孫の動向も含め興味深いため、これをまとめてみます。

井上春忠の出自

春忠子孫の状況を見る前に、まずはその出自について確認してみます。 小早川家の養子となった隆景に毛利家より付けられた家臣の一人であるとされ、毛利元就によって誅殺された井上一族ながらその死を免れます。 資料によっては春忠の父を井上資明とするものがありますがこれも確認していきます。

まず『閥閲録』井上源三郎家[1]の記述と、『長陽重臣略系』[2]の系図を確認します。

『閥閲録』井上源三郎家の記載からは下記のような系譜が再現できます。 源三郎自家の系譜の他、春忠に触れており、元盛の子であった春忠が伯耆守俊秀の養子となったとしており、源三郎家自身はその兄弟元保に続くとしています。 また、春忠子孫についても曾孫就相での断絶を伝え、合わせて、浦氏が所有する春忠関連文書の出所として広島藩井上氏を紹介しています。

資明―光良―資胤―五郎―元盛―元保―元植―元数―就資―資之
              ―春忠
               :
資明―…       ―俊秀=春忠―景貞―元景―就相

一方、『長陽重臣略系』は以下の系図を提示しています。

克光―光純―光教―勝光―光兼―元兼
              ―就良―利通―元貞―元数―就資―資之
  ―資明―資正―資忠―資盛―資俊―俊秀―春忠―景貞―元景―就相
                          ―瀬兵衛
                          ―主馬

春忠の(養)父俊秀については五郎兵衛、又右衛門、伯耆守と春忠、景貞父子に関わりのある名乗りが記載されています。 当の春忠については出奔後に伊予の加藤左馬助に仕え、同地で死んだと伝えています。 これが確かな話であれば、今も松山周辺のどこかに春忠自身は眠っているのかもしれません。

春忠子孫については五郎兵衛景貞の系譜のみが示されます。 景貞は大坂で病死。 3人の子があり、元景は秀元、輝元に仕え、次男瀬兵衛が浅野家から1000石で召し抱えられたとあります。

また、他の系図資料として長府藩井上氏が伝える系譜から関係箇所を抜粋すると以下のようになります[3]。

続きを読む


『深瀬覚書』の行方 [人物]

深瀬氏は宍戸氏庶流のひとつであり、宍戸元家の子、元源弟の隆兼を初代とします。 元家が隆兼を連れて祝屋城へと移り、その在地名、深瀬村を由来として深瀬を称したとのことです[1]。 この深瀬氏にまつわる話題を取り上げてみます。

「後の宍戸」

そもそも、安芸宍戸氏の系譜は室町後期に明確に入れ替わっており、それを宍戸氏自身が系図上で肯定しています。 そのそれぞれを「先の宍戸」「後の宍戸」とも呼ぶようです。 「後の宍戸」初代にあたるのが、隆兼の父、宍戸元家ですが、常陸の宍戸本家の人物で、請われて安芸宍戸氏を継ぎ、その弟たちも来住して宍戸氏の家臣となったと伝えます。

ただ、この常陸からの来住説については、最近の研究により安芸宍戸氏内部での抗争を後年に脚色したものであるとみられているようです[2]。 恐らくは常陸宍戸氏側の史料や、近隣の毛利氏との関係が史料から読み解かれているのではないかと思われますが、具体的なものを目にできていません。 いずれにせよ、元家に始まり、元源、元家と「元」の字は、毛利氏との関係ではなく、司箭院興仙の存在などを見ても細川京兆家との関係から得たものであるようです[3]。

また一方で、毛利氏の譜代家臣に位置付けられている宍戸四郎五郎家[4]は「先の宍戸」である興家流を称しており、近世に入っても萩藩寄組としての地位を確保しています。

「奸人」深瀬忠良

岩国吉川家の家臣、香川正矩は『陰徳記』を著した人物です。 その正矩は、宍戸氏を吉川小早川に並び立つ存在とする説の存在を挙げて一々反論し、その元を成した人物を「奸人」と非難しています[5]。

この「奸人」について、笹川祥生氏がその具体的な存在が先の隆兼の子孫にあたる深瀬忠良ではないかとされています[6]。 同時期の覚書類を評価された上で、正矩が挙げる批判内容に該当するのは忠良が著した『深瀬次郎兵衛覚書(深瀬覚書)』が条件を満たしているとのことです。 『深瀬覚書』は奥書によれば慶安元(1648)年に、深瀬七兵衛宛に深瀬次郎兵衛忠良が著したものと伝わります[7]。 また、この『深瀬覚書』については『毛利記』『毛利元就記』などの軍記物がこの内容を取り入れているとのことです。

『陰徳記』にどのような「批判」がなされているか、についてはおなじみ『戦国覚書』において、といきんさんが詳細に紹介[8]されていますのでこちらをご覧ください。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。