So-net無料ブログ作成

黒田騒動余話 [人物]

黒田騒動の一方の主役、栗山大膳は最終的に南部家へと預けられますが、当然その関係者も皆福岡を離れることになったものでしょう。 そのような境遇にあった一人、利章の父、利安の継室で、毛利氏縁の人物でもある栄長院を取り上げます。

栄長院

筆者が栄長院と号するこの女性の事を知るキッカケとなったのは偶々のことでした。 吉田喜代氏がやはり毛利氏と関係の深い長光院について書かれたもの[1]の中で簡単に紹介されていたことに始まります。 その記述および『豊田町史』[2]掲載の、昭和5年に建てられた「栄長院事歴碑」の記載をまとめると以下のようなものとなります。

  • 栄長院は栗山備後利安の継室千代姫
  • 旧長府領の旧豊浦郡豊田町に墓が残る
  • 佐波越後守広忠二女であり穂井田元清継室
  • 元清没時27歳、家康の命で秀元姉として栗山利安へ再嫁、二女を産む
  • 娘の一人、虎姫は加藤成忠へ嫁ぐ。もう一人、吉姫は黒田某へ嫁ぐ。
  • 黒田騒動後、秀元が引き取り寛文4年に死没、94歳
  • 袖乞という持尊仏があり、善勝寺に伝来
  • 葬った寺を栄長寺と改めたが、昭和43年に阿座上の願成寺と合寺

これらに関する情報が他にどれだけあるのか、確認してみることにしました。

穂井田元清と佐波氏

まず、栄長院が初めに嫁いだとする穂井田元清ですが、最初の妻は村上通康娘(通康没後に嫁した為、村上武吉養女として、とも)であり、この女性が秀元の実母にあたります。 通康娘は天正18(1590)年に亡くなっており、 また、元清は慶長2(1597)年に亡くなります。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。