So-net無料ブログ作成

長門内藤氏の人々(久太郎の場合) [人物]

先に内藤元盛(佐野道可)が関わる『佐野道可事件』についての堀智博氏による説を紹介しました。

その中では取り上げられていない人物ではあるものの、重要な関係者であると考えられる内藤久太郎について、ここで独立して考察してみます。 元盛のその後を追う上で重要な人物と考えられるのが久太郎ですが、内藤家の系図等では確認できない存在でもあります。

人物関係

系図上には直接は姿の見えない久太郎ですが、まずその前提として、戦国末から近世初頭の内藤氏の略系図を以下に示します。

内奥興盛—隆時—隆世
    —隆春—元家=元忠
           :
       ————元忠
       —綾木大方
        |——元珍
        |——元豊(粟屋)
    —女子 |——福原元房妻
     |——元盛
   宍戸元秀

内藤氏の系図上では同時代に久太郎を名乗る人物を確認できません。 興盛、隆世などは彦太郎を用いていることから内藤氏代々の名でもないようです。

継続的に名前が確認できる久太郎ですが、結論としてはこの久太郎こそ孫兵衛元珍であると考えたいところです。

分限帳に見える久太郎

久太郎の名前が見え始めるのは天正末年から文禄初頭とみられる各種分限帳類であるようです。

  • 「八箇国分限帳」[1] 1089石
  • 「朝鮮国御渡海之時御当家御旗本組人数」[2] 1173石
  • 「天正十七年御馬廻分限帳」[3] 1173石9升3合

続きを読む


長門内藤氏の人々(問題設定編) [人物]

2013年1月に刊行された山本博文氏らによる『偽りの秀吉像を打ち壊す』[1]に、堀智博氏による「毛利輝元と大坂の陣」[2]と題した論が掲載されています。 佐野道可事件を中心とした大坂の陣前後の毛利家の動向を取り上げたもので、堀氏はいくつかの史料を元に佐野道可事件について「輝元の関与はなかった」と指摘されています(以下「堀説」)。 その興味深い内容と、一方で長門内藤氏について未解明な部分と、それを考慮した場合の堀説で未検討の部分を簡単にまとめてみました。

端緒

堀説では事件のポイントの一つである「佐野道可は輝元が大坂へ派遣したものだったのか」という点について、明瞭に否定の立場をとっています。 否定の根拠として道可の子、内藤元珍、粟屋元豊兄弟が差し出した書状案文[3]を取り上げており、その記載を中心に以下の点が示されました。

  • 内藤孫兵衛・粟屋図書書状案文の記載から元盛は義父内藤隆春と不和になり天正17年に毛利領国を離れたと解釈
  • 『毛利氏八箇国御時代分限帳』に元盛の名前が存在しない
  • 隆春実子の誕生を想定した元盛起請文の存在[4]

これらにより、牢人となった元盛が輝元の命で大坂入城することはない、と結論づけられていますが、一方で以下の部分などは今回の堀説で説明がなされていないようです。

続きを読む


虫明の事など [史料紹介]

小早川氏庶流の一つに裳懸(掛)氏があることはなんどか紹介して来ました。 その中でこの「裳懸」を当時はどう読んだのか、という点が気にかかっていたのですが、やはりこれは「裳懸(掛)」と書いて「むしあけ(げ)」と読むべき、であるのではないか、と取れる史料を紹介いただいたのでこれに触れつつ裳懸氏の諸々を追記してみます。

「虫明」と「裳懸」

そもそも「むしあけ」とは漢字では虫明、となります。 一方、裳懸とは備前国邑久郡に裳懸庄がかつて成立しており、また、ほぼ同じ場所を虫明とも称するということのようです。 江戸時代には「虫明」として岡山藩の重臣伊木氏の支配下にあったようで、現在は岡山県瀬戸内市の一部です。 住所表記としては邑久町虫明となっていますが、公共施設類を見ても、虫明郵便局である他は市の出張所、小学校、JAなどは裳掛を用いています。 旧裳掛村は虫明村、福谷村を合併して成立[1]していますので、必ずしもこの二つの地名が一致する訳ではないようです。 なお、由来としては虫明は海に光る夜光虫の明かりから、との説があり、一方、裳懸についても菅原道真に関わる「裳掛の松」の伝承が存在する[2]ようで、いずれの成り立ちからみても興味深いものがあります。

この裳懸庄に地頭として小早川氏が関わりを持ち、恐らくはその庶流が現地に入ったことで裳懸氏を名乗ったようです。 この所領は少なくとも応永7(1400)年までは小早川家の下にあったと思われます[3]が、戦国期には現地と小早川氏との直接的な関わりは失われていたと考えられます。 裳懸氏自体は小早川氏の本領付近で活動を続けており、これを「もか(が)け」ではなく「むしあけ(げ)」と読んだのではないか、という点については以下の資料をみていきます。

『陰徳太平記』

証、というには弱いものですが、筆者が最初に「むしあけ」読みを確認したのは吉川系の軍記物である『陰徳太平記』[4]です。 この巻70「諸将四国渡海付処々合戦之事」[5]に、四国攻めに際して深手を負った人物に「裳掛(ムシアケ)主水正(モントノカミ)」とルビがふられています。 ここで紹介した早稲田大学所蔵本がいつ時点のものかは不明ですが、古くより(あるいは当初より)「むしあけ」と紹介されていることが確認できます。

「村山家檀那帳」

筆者が確認した2例目は時代的にはこれより遡り、また、同時代に記載されたと思われる資料で、これは以前も取り上げたものです。 伊勢御師村山氏が毛利領国を廻った際にまとめた天正9年の檀那帳[6]に小早川氏の本拠地高山の檀那として以下の人名が見えます。

  • むしあけ宋(采)女殿
  • 同 六郎殿
  • むしあけ殿やく人也、山ワき二郎衛門尉殿

これは名乗りから裳懸采女允景利、裳懸六郎盛聡の両名であると言えるでしょう。

裳懸氏略系図

裳懸河内守―新右衛門―弥左衛門盛聡(高山主水)
     ―采女允景利

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。