So-net無料ブログ作成

乃美兄弟小考 [人物]

乃美氏に関する史料「乃美文書」について、中世分が既に『 新熊本市史 』[1]などに掲載されていますが、この他に近世以降分の史料が存在しています[2]。 こちらはこれまで刊本には掲載されていないもの思われますが、ここから宗勝の子供達を巡るいくつかの情報を整理してみました。

宗勝の子供達

まず、以下は萩藩浦氏の系図[3]から確認できる宗勝の子供達で、以下の男子5人、女子7人が記されています。 この子供達の母である宗勝の妻としては末長常陸介景盛娘、さらに後妻として仁保右衛門太夫隆慰娘と伝わりますが、ここでは景継について母を末長景盛娘と伝えるのみです。

  • 景継:勝吉、新十郎、孫兵衛尉
  • 盛勝:少輔四郎
  • 天野平右衛門某妻
  • 磯兼景綱:助兵衛、加賀守、伝次、式部
  • 村上新左衛門吉亮妻
  • 景嘉:新四郎、主殿助、主水正
  • 生口平左衛門某妻
  • 村上助右衛門某妻
  • 景尚:新次郎、甚右衛門
  • 郡彦兵衛某妻
  • 古屋加兵衛某妻
  • 井上五郎兵衛妻

宗勝の遺跡を継いだのは景継でこの系統が浦氏を名乗り、また、宗勝の始めの妻、磯兼(末長)氏を景綱が継ぎ、この2家が毛利家家臣として続いています。 熊本の乃美氏では村上新左衛門妻以下を後妻仁保氏の子と認識していたようで、また、天野平右衛門某妻に位置にある女性を比工丘としている点に異動があります[4]。 これを基礎情報として今回は主に新四郎、新次郎の兄弟について取り上げます。

景嘉の詳細

「乃美文書」から得られる情報によりこの文書を伝えた初代景嘉についてまとめてみます。 同文書の近世分には明治に入ってからまとめられたらしき戒名綴が含まれています[5]。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。