So-net無料ブログ作成

長府椋梨氏の系譜 [史料紹介]

残る開催期間は本日1日となりましたが、3月15日までの間、下関市の長府博物館において、 下関市合併10周年記念企画展示「下関の毛利氏-元就庶子の系譜」 が開催されています。

主に現下関市の多くを所領とした長府毛利家の他、関わりの深い諸氏の史料が展示されていますが、この中に長府毛利家と関わりを持つ小早川一族椋梨氏に関連するものが含まれています。

椋梨又九郎と太郎衛門

これらは今回初めて公開されたもので下記の2点が該当します。

  • 小早川隆景書状 椋梨又九郎宛 天文24年4月28日付
  • 毛利秀元知行宛行状 椋梨太郎左衛門宛 慶長7年12月13日付

椋梨氏は小早川氏のうち、沼田新庄を領した有力庶家として続いて来ました。 その本家は萩藩士として続いた家と考えられますが、この辺りを含め、各椋梨氏との詳細な関係は現状不明なままといえそうです。 長府藩士にも椋梨氏がおり上記二通の文書はいずれもそこに関連したものと考えられます。

展示解説によれば、天文24年の書状は野間氏の城である矢野保木での合戦に際しての感状であるとのことでした。 また、太郎左衛門宛の宛行状については拾石を豊東郡内日郷において秀元が宛行したものとなっています。 この又九郎と太郎左衛門について考えてみます。

分限帳から

まず、長府藩の分限帳を確認してみます。 藩政初期の分限帳の記載を確認すると以下のようになります[1]。

分限帳年限   名前     禄高(石)
元和元(1615)以前椋梨作兵衛  80
        椋梨与次衛門 40
元和5(1619)  椋梨太郎左衛門40
寛永15(1638)  該当なし    
正保4(1644)  椋梨作兵衛  80
        椋梨与次衛門 50

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。