So-net無料ブログ作成

長岡景則の進退 [史料紹介]

2015年3月21日から6月28日まで、東京都文京区の 永青文庫美術館企画展示「細川家起請文の世界」 が開催されています[1]。 この展示は前年に熊本大学附属図書館で開催された 『貴重資料展・公開講演会(永青文庫セミナー)「誓いを立てる武士たち-細川家血判起請文の世界-」』 の東京開催のような位置づけでしょうか。

タイトルの通り起請文を中心とした展示ですが、その展示物のひとつに長岡景則に関連したものがあると聞いたこともあり実際に展示を見てきました。 会場では多数の起請文や関連書状が展示された濃厚なものでしたが、ここではその展示内容から長岡景則に絞った紹介をしてみたいと思います。

長岡景則の伺書

現在永青文庫に伝来している起請文約270通のうち、その40%が忠興の死までに提出されたものであり、これは三斎の隠居領と熊本の本藩の間での対立が影響したものとの展示解説がありました。 この背景からこの展示が細川家に伝来する起請文を紹介するというものであるだけでなく、結果、八代と熊本の間の対立を読み解く意味を持つものと見る事もできそうです。

ここで取り上げる長岡景則が記した文書は起請文ではありません。 正保2(1645)年の細川三斎(忠興)の死後、三斎の家老を務めていた景則が沼田延之、丹羽亀之允に宛て、暇を願い出た伺書[2]となっており、ここでの起請文が殿様への忠誠を誓う文書であるとするならば逆の意味をもつものとも解釈できます。年次の記載はありませんが、その内容と7月の記載から三斎の死の翌年、正保3年に比定されているようです。 内容としては冒頭から自身が妙解院(細川忠利)には仕えなかった理由を述べ三斎への忠誠を示すものとなっており、中でも例えとして、忠興の家臣が草履取り一人となったとしても、その草履取りを自身が務める覚悟であったとまで記しています。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。