So-net無料ブログ作成

井上春忠伝(上) [人物]

小早川隆景の側近として乃美宗勝に次いで信頼を得ていたのが、元は毛利家臣であった井上又右衛門尉春忠であると言えるのではないでしょうか。 宗勝同様に当時の伊予との関係においても度々名前の出てくる人物でもあります。 隆景急死後の「三原衆」崩壊の過程で春忠も毛利家を離れますが、その子孫の動向も含め興味深いため、これをまとめてみます。

井上春忠の出自

春忠子孫の状況を見る前に、まずはその出自について確認してみます。 小早川家の養子となった隆景に毛利家より付けられた家臣の一人であるとされ、毛利元就によって誅殺された井上一族ながらその死を免れます。 資料によっては春忠の父を井上資明とするものがありますがこれも確認していきます。

まず『閥閲録』井上源三郎家[1]の記述と、『長陽重臣略系』[2]の系図を確認します。

『閥閲録』井上源三郎家の記載からは下記のような系譜が再現できます。 源三郎自家の系譜の他、春忠に触れており、元盛の子であった春忠が伯耆守俊秀の養子となったとしており、源三郎家自身はその兄弟元保に続くとしています。 また、春忠子孫についても曾孫就相での断絶を伝え、合わせて、浦氏が所有する春忠関連文書の出所として広島藩井上氏を紹介しています。

資明―光良―資胤―五郎―元盛―元保―元植―元数―就資―資之
              ―春忠
               :
資明―…       ―俊秀=春忠―景貞―元景―就相

一方、『長陽重臣略系』は以下の系図を提示しています。

克光―光純―光教―勝光―光兼―元兼
              ―就良―利通―元貞―元数―就資―資之
  ―資明―資正―資忠―資盛―資俊―俊秀―春忠―景貞―元景―就相
                          ―瀬兵衛
                          ―主馬

春忠の(養)父俊秀については五郎兵衛、又右衛門、伯耆守と春忠、景貞父子に関わりのある名乗りが記載されています。 当の春忠については出奔後に伊予の加藤左馬助に仕え、同地で死んだと伝えています。 これが確かな話であれば、今も松山周辺のどこかに春忠自身は眠っているのかもしれません。

春忠子孫については五郎兵衛景貞の系譜のみが示されます。 景貞は大坂で病死。 3人の子があり、元景は秀元、輝元に仕え、次男瀬兵衛が浅野家から1000石で召し抱えられたとあります。

また、他の系図資料として長府藩井上氏が伝える系譜から関係箇所を抜粋すると以下のようになります[3]。

続きを読む


『深瀬覚書』の行方 [人物]

深瀬氏は宍戸氏庶流のひとつであり、宍戸元家の子、元源弟の隆兼を初代とします。 元家が隆兼を連れて祝屋城へと移り、その在地名、深瀬村を由来として深瀬を称したとのことです[1]。 この深瀬氏にまつわる話題を取り上げてみます。

「後の宍戸」

そもそも、安芸宍戸氏の系譜は室町後期に明確に入れ替わっており、それを宍戸氏自身が系図上で肯定しています。 そのそれぞれを「先の宍戸」「後の宍戸」とも呼ぶようです。 「後の宍戸」初代にあたるのが、隆兼の父、宍戸元家ですが、常陸の宍戸本家の人物で、請われて安芸宍戸氏を継ぎ、その弟たちも来住して宍戸氏の家臣となったと伝えます。

ただ、この常陸からの来住説については、最近の研究により安芸宍戸氏内部での抗争を後年に脚色したものであるとみられているようです[2]。 恐らくは常陸宍戸氏側の史料や、近隣の毛利氏との関係が史料から読み解かれているのではないかと思われますが、具体的なものを目にできていません。 いずれにせよ、元家に始まり、元源、元家と「元」の字は、毛利氏との関係ではなく、司箭院興仙の存在などを見ても細川京兆家との関係から得たものであるようです[3]。

また一方で、毛利氏の譜代家臣に位置付けられている宍戸四郎五郎家[4]は「先の宍戸」である興家流を称しており、近世に入っても萩藩寄組としての地位を確保しています。

「奸人」深瀬忠良

岩国吉川家の家臣、香川正矩は『陰徳記』を著した人物です。 その正矩は、宍戸氏を吉川小早川に並び立つ存在とする説の存在を挙げて一々反論し、その元を成した人物を「奸人」と非難しています[5]。

この「奸人」について、笹川祥生氏がその具体的な存在が先の隆兼の子孫にあたる深瀬忠良ではないかとされています[6]。 同時期の覚書類を評価された上で、正矩が挙げる批判内容に該当するのは忠良が著した『深瀬次郎兵衛覚書(深瀬覚書)』が条件を満たしているとのことです。 『深瀬覚書』は奥書によれば慶安元(1648)年に、深瀬七兵衛宛に深瀬次郎兵衛忠良が著したものと伝わります[7]。 また、この『深瀬覚書』については『毛利記』『毛利元就記』などの軍記物がこの内容を取り入れているとのことです。

『陰徳記』にどのような「批判」がなされているか、についてはおなじみ『戦国覚書』において、といきんさんが詳細に紹介[8]されていますのでこちらをご覧ください。

続きを読む


高き塔の下で [人物]

「大日本史料」の元和8(1622)年の記事中で毛利氏家臣堅田元慶の卒伝として多数の関連資料が活字化されています[1]。 また、この掲載に関連して、宮崎勝美氏が論考をまとめられています[2]。

堅田元慶は毛利輝元の出頭人の中でも特に若年でありながら、輝元の奉行人として活躍した人物です[3]。 天正末年頃には既に家中で一門、国衆を覗けば最大の給地を有しています[4]。

一方、関ケ原合戦後は証人としてそのほとんどを江戸で過ごした事は筆者も今回の資料と論文を読むまでは把握していませんでした。 上記の論文では、元慶の関ケ原合戦以降の境遇や史料から読み取れる逸話など、興味深いものが紹介されていますが、それ以外の部分で気になるところをとりあげてみました。

元慶の出自

粟屋氏

元慶は粟屋元通を父、宍戸氏家臣江田元周娘を母として、その二男として永禄11(1568)年に生まれます[5]。 兄元定が父元通の跡を継ぎ、弟元宣も別家を建て、他に姉妹もいたようです。 妻は益田元祥娘で寛永13(1635)年没、49歳[6]と伝わり、元慶との年齢差からは元慶の継室である可能性が高いのではないでしょうか。 子は跡を継いだ就政の他、5人の娘はいずれも毛利一門の当主か秀就期の重臣に嫁いでいます。

   粟屋元通(縫殿允、備前守)
     |——元定
     |——(堅田)元慶
     |——元宣  |—毛利元任室
江田元周—女 (和智) |—宍道元親室
            |—井原元良室
            |—就政
            |ー梨羽就云室
       益田元祥 |—毛利元包室
         |——女
    吉川元春—女

堅田氏

堅田氏自身は堅田姓を輝元より与えられたと記します。 一方、「長陽従臣略系」[7]は、堅田氏の項で元慶を三郎左衛門養子と記載するものの、同書自体は三郎左衛門の詳細を述べません。

続きを読む


末永良昧の記 [人物]

ふとしたきっかけから、小早川隆景の旧臣の一人、末長七郎左衛門景直(良昧)と子孫の行方が見えてきたので、今回はこれを紹介してみます。 その情報を掴むきっかけとなった奇跡的な経緯についてはといきんさんの「戦国覚書」内の 「広家の初陣@児童向け読み物」にて紹介いただいていますので是非こちらもご覧ください。

末永良昧

吉川家に伝わる文書類の中に残されたものの一つが末永良味書状です[1]。 時期は不明ながらその内容は黒田長政の命を受けた末永良昧なる人物が吉川広家へと使者にたった際のものであるようです。

この黒田氏家臣とみられる良昧の姿を慶長から元和にかけての各種分限帳で確認[2]すると、当初は田代半七組に属し、200石から300石ほどの禄を得ている「新参」の人物、そして元は「刑部景直」を名乗ったことなどが記されています。 景直の名前などからこの良昧は小早川家中にあった末長七郎左衛門景直と同一人物であろうと推定できます。 黒田家中で「新参」は関が原合戦後の召抱えを指すこと、慶長7年の分限帳には名前が見えること、が良昧が黒田家臣となった時期などを見る上で意味がありそうです。

隆景の死と三原衆

小早川隆景は慶長2(1597)年6月に亡くなりますが、その死は急死であったといい、その時点で「三原衆」と呼ばれる家臣団がなお隆景の下に残されていました。 その三原衆の井上春忠ら有力家臣7名がおよそ半年後の12月6日に毛利元康宛へと差し出した起請文[3]が残されています。 その内容から彼らの扱いが微妙なものであったことが伺えますが、そこに連署している一人が末長七郎左衛門景直です。

続きを読む


祢津を歩いて [遺跡]

信濃国小県郡祢津(ねつ)、現在の長野県東御市祢津地区は江戸時代の寛永年間以降を通じて旗本松平氏の所領でありました。 この松平氏は徳川家康の異父弟で元は久松氏であった松平康元につながる家系です。 旗本としての初代である忠節は大垣藩主忠良の庶長子で、その妻了照院が以前にも 紹介した とおり、当時萩藩士であった宍戸景好の娘かと思われます。

また、祢津は中世には海野一族の祢津氏の支配下にあった場所で中近世の文物が多く残されています。 今回はこの祢津地区に今も残る江戸時代の歌舞伎舞台での平成24年4月29日の公演に合わせて現地を訪問しました。 この日は公演だけではなく満開の桜と好天に恵まれるというすばらしい一日となりましたが、ここでは祢津地区の現況を紹介してみます。

以下で紹介する各遺跡の説明については『祢津地区 ふるさとをたずねて』[1]、『東部町誌』[2]の記述に依っています。 なお、了照院の婚姻を巡る注目点については別項にて改めて整理してみたいと思います。


より大きな地図で 祢津東町歌舞伎 を表示

続きを読む


たけのこ山を探せ(2) [合戦]

引き続き、道前平野近隣のどこかに存在するはずの「たけのこ山」について考えてみます。

道前を巡る争い

そもそも伊予の「道前」とは「道後」と対をなす言葉であり、当初は伊予14郡のうち、下7郡が道前、上7郡が道後であったようです[1]。 その後、道後が道後平野、さらに狭義には河野氏の本拠湯築城、道後温泉周辺などを指すようにその範囲を狭め、道前もまた道前平野を指すようにその範囲を狭めていきます。

道前平野は室町期には河野氏の勢力圏にありながらも、隣接する新居郡の分郡守護権を細川氏に奪われたことにより、境目地域のひとつとなっていました。

黒川氏の存在と騒乱

戦国末期、周布郡の有力国人黒川氏は河野氏との縁戚関係を結んだり、越智一族でやはり河野氏との縁戚関係にある正岡氏から養子が入るなど、河野氏との深い関係が見られます。 一方では、長宗我部氏に従属した新居郡の金子元宅とも交渉をもっていたようです[2]。

道前地域での騒乱に目を向けると村上彦右衛門の覚書では新居郡の石川氏と結んで来島村上氏と争っている存在でした。 この他にも壬生川氏との争いが伝わり、壬生川摂津守通国の猿楽に招かれた黒川通長が通国を殺害し、逆に壬生川氏から反撃を受けて通長も死ぬと言った伝承も残ります[3]。

これらの記録、伝承に対して、実際に年不明の黒川通博書状[4]には

去年者就私領得居
及違乱総劇候処。湯
月以下知即令和平候、

との記述があり、当時黒川氏と得居氏(当主は彦右衛門実兄の通幸)に争いがあり、湯月(河野氏)により黒川氏側の主張を認める裁定がなされたようです。 これが具体的にどのような争いであるかは不明ですが、黒川氏が他地域へと進出した様子はありませんので、道前地域での争いについてのものである可能性が高いのではないでしょうか。

一方、壬生川氏についても、行元の出奔という事態が知られており[5]、その本拠地北条はかつては細川氏の被官多賀谷氏のものであったためか、金子氏がその領有を長宗我部元親に対しても強く主張していたようです[6]。

地名にみる竹子山

肝心な「たけのこ山」ですがここまでの史料からは、どこに位置するのか、はっきりしませんが、その場所について検討を行ってみます。

推定において参考となる情報は以下のものでしょうか。

  • 壬生川(鷺森城)から周布郡へ進出する途上
  • 街道筋近くの高所で古塚(墳)がある場所
  • 毛利軍の本陣を置くことが可能であった

これらの条件を考慮しつつ、たけのこ山を探してみます。 「東予市誌」には旧桑村郡内の地名が掲載されてはいますが、竹子山そのものはみつかりません[7]。 ただし、いくつか竹の字を用いた地名がありますのでこれを確認してみます。 この竹の字が現れるホノギは下記のように吉岡地区に目立ちます。

続きを読む


たけのこ山を探せ(1) [合戦]

今回は伊予の合戦の記録に現れる「たけのこ山」を取り上げます。 位置的には中世風には府中の南の境目とも言える世田山よりも南、すなわち周布、桑村二郡のどこかであることは確かかと思うのですが、まだ該当する場所を筆者は確認できていません。

たけのこ山

この山について触れている史料は以下の3つです。

一つは紀州藩士となった村上彦右衛門吉清の没後に記録された「村上彦右衛門義清働私共覚候分書付上申事」であり、この中に「竹の子合戦」の文字が見えます[1]。

上記、彦右衛門についての覚書とも関わりが考えられますが、彦右衛門の兄村上通総についての記録で、久留島藩内で成立した「来島通総一代記」[2]にも「竹之子」の地名が現れます。

最後は吉川元長が天正13年の四国攻めの折りに、国元の僧周伯惠雍へと送った書状であり、ここには「竹子山」に陣を敷いたとの記載が出てきます[3]。

以下、まずは「たけのこ山」で何が起こったと伝わるのかをみていきます。

村上彦右衛門の活躍

村上彦右衛門についての覚書では、「竹の子合戦」は敗軍となった来島衆の中でまだ年若い彦右衛門が戦場に踏みとどまり、味方を勝利へ導いたとするもので、以下の通り記されます。

与州とうせん竹の子合戦の時彦右衛門十四歳にて御座候敵は黒川同為加勢石川勢張出申候久留島勢纔にて指むかひ候處に敵待伏候を味方の先手不心得にて被追立総敗軍仕壬生川のかこひまて引取候處に彦右衛門壱人道より少脇に古塚御座候高所へ上りこれにて討死可仕とふみ留下知仕候付味方之内村上三右衛門見付候て引返し一所に居申候敵大勢参り候中より八九人程進出さしむかひ候處に則彦右衛門鑓合申候三右衛門も同前に合せ申候其内に味方の者共引返しつきかかり申故敵敗軍仕候事

ここから得られる重要な情報を抜き出すと下記のようになるでしょうか。

続きを読む


もうひとつの「河野家譜」 [史料紹介]

『河野家譜』と言えば、『予陽本』[1]と『築山本』[2]が著名ですが、これらの刊本を探している際に刊行されているもう一つの『河野家譜』に遭遇しました。 この『河野家譜』について、内容的にはほとんど伊予の戦国史とは関連が薄いこともあってか、これまであまり伊予関係の論考上でも取り上げられることがなかったようですので、ここで簡単に紹介してみます。

概略

この『河野家譜』[3]ですが、大聖寺藩に仕えた儒者河野春察(通英)の家系が伝えたものです(以下本項では『家譜』)。 簡単に言えば林羅山の高弟、河野春察の父祖を河野氏に求めており、庶流の通生の家系が伊予から中国に渡り、毛利氏に仕えた後に江戸に出たとするものです。

室町期の有力な河野氏庶流として知られる通生、勝生、明生、通吉の名前が歴代として現れますが、その活動地域を周防や安芸に求めていることや年代の不整合など気になる点も存在します。 その背景には春察が仕えた太田資宗との関わりが大きく影響しているのではないかと推測出来そうです。

資宗は徳川家光から『寛永諸家系図伝』の編纂を命じられており、その作業に資宗に仕えていた春察も加わっていたようです。 また、資宗の娘として稲葉正吉(稲葉正成子)室、一柳末礼室がいたとのことですので、春察が仕えた資宗は数少ない越智姓を名乗る大名家と縁戚関係にあったことになります。 春察がこの時期に数種の河野系図を目にしたことは間違いないのではないかと思われます。

林氏と河野氏

以下、この家譜がどのような歴史を描いているのか、独自の系譜を伝える部分の概要をみていきます。

通生

通直の子で林九郎、兵部少輔、河野を改め林と称する。 永享10(1438)年に生まれ、外祖父林壱岐守高生の養子となり林を名乗るも、父の親愛により家譜證文を授けられる。 応仁元年から文明5年まで洛中で活動し、文明13(1481)年7月3日没、44歳、法名は道林長松院。

この家譜では河野本家からの別れを通直(教通のことと思われます)の子とする通生においていますが、通説に従えば通生は教通の弟としてその守護権力を支えた人物として知られます。 また細川氏との抗争においても高名が伝わりますが、そのような事績はこの『家譜』では触れられていません。

通勝

通生の子で林三郎、兵部少輔、壱岐守、初め勝生。 寛正6(1465)年正月朔日生まれ、明応2(1493)年に弾正少弼通直との間に故あって周防に出奔。 永正4(1507)年8月山口で没、43歳。

その妹に三浦越前守室となった女性がいたとしていますが、この三浦氏は大内氏配下の周防三浦氏を指しているものでしょうか。

明応年間であれば河野氏の当主は教通のはずで、仮に生まれていたとしても幼年で家督継承前の弾正少弼通直が現れるのは不自然です。 周防に逃れたとする以降については、享禄3(1530)年に弾正少弼通直に反逆し周防へと逃れた重見通種の所伝を想起させます。 弾正少弼通直の名前がここに現れる背景はまさにここにあるのでしょう。

周防~毛利氏家臣として

以降、中国地方での活動を伝えます。

通明

通勝の子で初め明生。九郎、民部大輔、壱岐守。 文亀2(1502)年に山口生まれ、大内義隆に属し、防州若山城に在城。 天文21(1553)年、毛利元就に属し、厳島合戦の後は11日に山口へと進軍し大内義長の兵と戦い討死。 享年54歳、法名道傳。

ここにも重見通種の所伝と重なる部分が見えています。 若山城は陶晴賢の居城であり、通種についても若山城滞在が伝わります。 その通明が唐突に毛利氏へと属しているのは、主殺しとして忌避される晴賢に従っていたと書くことを躊躇した為ではないでしょうか。 弘治元年の山口侵攻も事実に反しますが、通明の死に場所を求めての辻褄合わせにも見えてきます。

続きを読む


戦国伊予の合戦いろいろ [合戦]

戦国時代の伊予はどの程度戦乱に巻き込まれたのでしょうか。 その点について言えば、少なくとも世に広く知られる大規模な合戦はほとんどなかったと言えるように思われます。 ここでは伊予国内で起きた主に16世紀の合戦を簡単に取り上げるとともに、それが近世にどのように影響したのか考えてみます。

戦国伊予の合戦

私見で戦国時代後期の伊予での主要な合戦のうち、特にトピックのあるものを以下に示します。

  1. 鳥坂合戦(永禄10(1568)年):河野、毛利氏 vs 宇都宮、一条氏
  2. 三間表の戦い(天正6(1578)年):西園寺氏 vs 長宗我部氏
  3. 花瀬合戦(天正7(1579)年):河野氏 vs 不明
  4. 天正の陣(野々市原の戦い)(天正13(1585)年):毛利氏 vs 金子、長宗我部氏

これら合戦の特徴は花瀬の戦いを除けば伊予国外からの軍勢と伊予国内の勢力が戦ったものであるということでしょうか。 そして、逆にこの時代、伊予国内の勢力が主体となって国外へ進出した例はほとんどないと言えるかと思います。

合戦の規模としては先の一覧であげた鳥坂合戦、天正の陣の2つが最大のものであると思われます。 いずれの戦いにも毛利軍は万余の軍勢を伊予に上陸させており、この2つの戦いを除けば戦国時代に伊予国内で一万人以上の軍勢が集ったことはなかったのではないでしょうか。

『予陽河野家譜』には花瀬合戦で忽那通著、土居通利が討死したと記されます[1]。 忽那通著の死を受けて子の忽那亀寿丸へ出された感状の原本が確認された[2]ことで花瀬合戦の存在は確認されたと言えそうですがなお詳細は不明なようです。

近年喜多郡関係では長宗我部氏と関係を強め、反河野氏に動いたと見られる曽根氏関連の史料の発見が伝えられます[3]。 『家譜』の伝える大野直之との戦いとは裏腹に異なる実態があったのかもしれません。 むしろ上記書状により喜多郡への長宗我部氏の介入が確認できるのは天正12年まで下るとのことであり、宇都宮氏の終焉を含め、未解明の状況が続きます。

幻の合戦

一方、軍記物や伝承には残るものの、合戦の存在自体が事実とは思われ難いものも存在します。

続きを読む


田坂鑓之助のブランド [人物]

能島、来島の両村上氏が共に伊予を離れてしまったことも有ってか、伊予に残る村上水軍関連の伝承は決して多くはないと言えそうです。 その中で、その勇敢さが伝承となり後世にも影響を残した田坂鑓之助について取り上げます。

鑓之助の伝承

来島村上氏の家臣田坂鑓之助貞縁について、以下のような伝承が残ります[1]。

来島村上氏の家臣に武勇の優れた男がおり、それが主君にも認められ、「鑓之助」の名を与えられたといいます。 これが田坂鑓之助貞縁です。

ある時、帆別銭を払わずに通行しようとする武士の一団による海の関所破りが発生します。 これを小早に乗り追いかけたのが鑓之助、相手の船へと追いつき帆別銭の支払いを拒む武士たちの半ばを討取ります。 そのうち桜井浜に船は流れ着き、戦いが続いたものの陸上では多勢に無勢となり、ついに鑓之助は討たれ、首を侍たちの国元へ持ち帰られてしまいます。

鑓之助を討ち、生きて戻った侍たちはそれが卑怯な振る舞いであるとして、領主の佐伯氏から追放されました。 また、里人の手により鑓之助は葬られ、後に江口八幡として祀られたとのことです。

このように鑓之助の武勇とその最期を伝えるものとなっています。

若干これを史実よりに解釈すると、佐伯氏の配下、即ち豊後大友氏に関連する船との争いであったということになり、村上水軍とは何らかの対立関係が生じていたということでしょう。

一方、後日譚として鑓之助には男子が無く、その一人娘が大友氏の家臣、本田治部少輔鎮秀に嫁いだとするものがあります。 鎮秀と死別後に娘を連れて鑓之助の下へ帰り、その娘を鳥生村の野間五郎右衛門へ嫁がせた、とするものです[2]。

久留島藩田坂氏

ところで、その最期が伝承にあるようなものであったかは別として、実際に田坂鑓之助なる人物が存在したことは確かなようです。 関が原の戦い後に豊後玖珠森に移封された来島氏の家臣に田坂氏が続いています。 元は村上氏であり、また鑓之助には男子がなかったことから二神修理進の兄が田坂氏を継いで鑓之助貞興を名乗り、さらにその子が幸長であるとのことです[3]。 幸長の名乗りは、得居通幸の偏諱であると思われますので、改名の可能性はあるにせよ幸長の生まれは遅くとも天正の初め頃と言えるでしょう。

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。