So-net無料ブログ作成

隆景の諸大夫 [人物]

小早川隆景の諸大夫として名前の伝わる8名[1]から、残る粟屋左馬、井上左京の2名についてまとめて取り上げてみます。

粟屋、井上の2氏はいずれも隆景の小早川入嗣後に毛利氏から入り、隆景の側近として活躍した井上春忠、景貞親子、粟屋盛忠、景雄親子といった存在が知られています。 諸大夫成したと伝わる2名もこれらの人々に近い人物である可能性が高いということが考えられ、またそうであれば最も隆景の諸大夫として相応しい人物であるとも言えそうです。

井上左京

毛利氏の重臣であった井上氏は元就によって井上元兼とその一族が誅殺された後も一部は毛利氏家臣としてあるいは隆景に従う小早川氏家臣として残っています。 「侍付立」にも家老并に又右衛門、侍大将に伯耆守(春忠)と五郎兵衛(景貞)が見える他、多くの井上氏の名が見えます。

そうした中、左京を名乗る人物が毛利氏内部に確認できます。 天文末あるいは弘治年間の毛利氏家臣団の起請文には井上左京進あるいは左京亮の名が見えます[2]ので、誅殺を逃れた井上氏の中には左京を名乗る人物がいたことは確かなようです。

さらに『八箇国分限帳』[3]には40石あまりを給付される井上左京助が存在しますので、これらが同一人物かどうかは不明ですが、左京を名乗る井上氏の系統が存在したことが確かめられます。 その給地が存在するのは安芸高田郡と周防熊毛郡であり、古くからの所領に加え新たに周防でも給付を受けたと考えてよさそうです。 ただ、『閥閲録』に系譜を伝える井上氏には左京を名乗る人物は見当たらず、『長陽重臣略系』[4]においても、この井上左京助について系図上の位置もその実名も見えません。

ここで長府藩の『藩中略譜』の井上氏[5]の系譜を確認すると井上春忠の子、景貞について左京進、従五位下、法名宗元と記されており、跡を継いだその弟、七郎右衛門が吉城(吉敷)に住したとしています。

ただし、慶長2年と見られる隆景書状[6]においても「井 五兵」と略されており、隆景の死後にも五郎兵衛との署名が見られる[7]など、景貞が左京を実際に名乗った様子は今のところ伺えません。

井上春忠、景貞親子もまた関が原の戦いの後に毛利氏を離れ[8]、『長陽重臣略系』の井上系図においては伊予の加藤嘉明に仕えたとしています。 同書は景貞を法名宗玄と記していますが、その跡は又右衛門元景が継いで秀元、後に秀就に仕えたとしています。 しかし、この系統も元景の子、就相の死で途絶えたようです。 この元景以降の事情については、広島藩浅野氏に仕えたとする元景の次子については触れられていないものの『閥閲録』井上源三郎[9]の記載からも確認できます。

粟屋左馬

残る一人、粟屋左馬については、今のところ確認した範囲で隆景の諸大夫となった人物を伝える史料を他にみつけられていません。 ただ、毛利氏家臣の粟屋氏の中には粟屋左馬の名乗りを確認できますのでこれをまず取り上げます。

粟屋氏で左馬の名乗りで知られるのは左馬允元方であるようです。 元方は伊豆守元好の子で、元就の家督相続に尽力したと言われる元国の弟に当たります。 元方は天文6(1537)年に41歳で亡くなり、その子、孫達は毛利家の勢力伸張に大きな役割を果たしました[10]。 ただ、元方の長子元良は天文13年に備後符野で戦死したこともあってか、以後元方系では元良の弟、粟屋元種が大きく活躍することとなります。

また、『八箇国分限帳』には安芸高田郡、備後芦田郡などで365石ほどを給付されている粟屋佐馬丞が記録されています。 さらに慶長14年、駿河守を輝元から与えられている粟屋左馬允元信[11]の存在が見えますので、この元信(元正とも)が『八箇国分限帳』に記録されている人物と思われますが、この元信こそ元良の子であり元方の嫡孫とも言える存在です。

元信が左馬允を名乗った時期については不明ですが、元亀3年に毛利氏の譜代家臣団が連署している文書[12]に粟屋左馬允の名前が見えます。 これが元信(当時は元正か)ではないかと考えられそうです。

ただし、左馬丞元信の系統は萩藩大組として2家が残っていますが、隆景との深い関係は確認できず、その諸大夫になったと伝えるものもありません。 婚姻関係から見ても元信の妻は張忠の娘、その子元幸の妻も渡辺石見守元の娘と一貫して毛利氏家臣団との関係のみが見られます[13]。

やはり、井上左京が五郎兵衛景貞の可能性があるのなら、粟屋左馬は同時期に事績の残る粟屋景雄本人もしくは近親者とも想定できます。 この四郎兵衛景雄の父雅楽允盛忠もまた元方の子であるため、景雄自身も左馬丞元方の孫の一人でもあります。

残念ながら景雄も井上親子と前後して毛利氏を離れたこともあり[14]、多くの史料が残る訳ではなく、また、景貞同様に隆景死後にも四郎兵衛と名乗っていることが確認できます[15]。 景雄の子景義は長府藩士となっていますが、同氏の『藩中略譜』[16]では諸大夫成については触れられてはいません。

景雄の兄(弟?)元貞は元好系粟屋氏の中心となっていた元種の後を継ぎ、毛利氏の重臣として活躍します。 景雄、あるいは井上親子出奔の際には度々起請文を提出し[17]、自分は無関係であるとの弁明をすることとなります。 元貞は没年から永禄6(1563)年の生まれと考えられること、兄弟の母が井上春忠娘と伝わることが景雄の年齢の一つの参考となりそうです。

また、後に毛利氏へと戻った井上景貞の孫でその系統の最後となった就相の妻として、元貞の孫娘が粟屋氏の系図上に現れること[18]から、この粟屋井上両家の関係はその後も続いていることが伺えます。

粟屋、井上氏略系図

粟屋元好―元国
    ―元方―元良―元信(元正)―元幸―…(萩藩大組)
       ―元種―元信    ―就重―…(萩藩大組)
          =元貞―元重―就貞―…(萩藩寄組)
       ―盛忠 :    ―女子(就相妻)
        |――元貞   ―女子(就相後妻)
        |――景雄―景義―…(長府藩)
   井上春忠―女子
       ―景貞―元景―就相
       ―七郎右衛門?

まとめ

井上、粟屋の両氏はその隆景側近としての活躍からも小早川隆景の諸大夫として非常に相応しい存在と言えるように思います。 一方、井上左京、粟屋左馬丞の存在が天正末期の毛利氏家臣団に見られますが、これらとの関係ははっきりしません。

井上景貞、粟屋景雄らの名が挙がる文書類も他の小早川氏家臣と比較しても豊富なはずですが、逆にその諸大夫成の証明につながるようなものはほとんど見られません。 井上景貞の弟を名乗る系譜が景貞を井上左京、諸大夫であると伝えるのみです。

注釈

  1. 「小早川隆景公御家中名有侍付立」(「豊浦藩旧記 第27冊」)(『下関市史』「資料編1」、1993年)。同じく「資料編4」(1996年)にも「内藤家文書」の一部として微妙に内容の異なるものが収録されています。
  2. 「毛利家文書」401 天文19年7月20日 福原貞俊以下家臣連署起請文(『大日本古文書 家わけ 毛利家文書』)に井上左京進が、同402 弘治3年12月2日 福原貞俊以下家臣連署起請文に井上左京亮がそれぞれ連署しています。
  3. 岸浩編『毛利氏八箇国御時代分限帳』(マツノ書店、1987年)
  4. 山田恒嘉編 山田恒通跋『長陽従臣略系』井上氏(東京大学史料編纂所公開用データベース
  5. 「藩中略譜」井上氏(山口県文書館所蔵)
  6. 「閥閲録遺漏」国貞平左衛門 25 (慶長2年)4月3日 包 二兵、国 神左宛 隆景書状(『閥閲録遺漏』、1988年)では連島の橋についての書状ですが、この中にう新(鵜飼元辰)、井五兵(井上景貞)の記載が見えます。
  7. 「毛利家文書」1191 慶長2年12月6日 毛利元康宛 井上紹忍春忠外六名連署起請文(『大日本古文書 家わけ 毛利家』)
  8. 「毛利三代実録考証」慶長6年11月15日条(『山口県史 史料編 近世1下』、1999年)に「昔物語」(文庫「叢書」56)の記述として井上伯耆守、五郎兵衛親子が佐世与三右衛門(元嘉)との不仲で立ち退いた旨が示されています。
  9. 『閥閲録』「巻52 井上源三郎」(『萩藩閥閲録』第2巻、1995年)
  10. 『閥閲録』「巻112 粟屋源左衛門」補注より(『萩藩閥閲録』第3巻、1995年)
  11. 『閥閲録』「巻112 粟屋源左衛門」2 慶長14年12月29日 粟屋左馬允宛 宗瑞受領書出
  12. 「毛利家文書」404 毛利氏掟(『大日本古文書 家わけ 毛利家』)。元亀3年12月13日付けで掟について「各々申聞たる条々」をあげて連署している21名のうちの1人が粟屋左馬丞ですが、この人物は元方と比定されています。しかし、元方は天文6年に亡くなったと伝わりますので、これは実際には元正のものと思われます。
  13. 「譜録」あ-146 粟屋太郎左衛門幸篤(山口県文書館所蔵)
  14. 「毛利三代実録考証」慶長6年11月8日条に「昔物語」(文庫「叢書」56)の記述として佐世与三右衛門(元嘉)との不仲で立ち退いた旨が示されています。
  15. (7)に同じ
  16. 「藩中略譜」粟屋氏(山口県文書館所蔵)
  17. 「毛利家文書」1203 慶長6年11月8日 井原四郎右衛門(元以)宛 粟屋九郎右衛門(元貞)誓紙、1204 慶長6年11月15日 福 越前(福原広俊)、井 四郎右(井原元以)、榎 中太(榎本元吉)宛 粟屋九郎右衛門誓紙でいずれも四郎兵衛や五郎兵衛の立ち退きを知らなかったことや、四郎兵衛との関わりを断ったことなどを誓う内容となっています。
  18. 田村哲夫編『近世防長諸家系図綜覧』「17 寄組粟屋家」(マツノ書店、1980年)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。